メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はムニョス第二姓(母方の)はゴンザレスです。

ルーシュ(Rush)のリングネームで知られるウィリアムス・アルトゥーロ・ムニョス・ゴンザレス(William Arturo Munoz Gonzalez、1988年9月29日 - )は、メキシコプロレスラーハリスコ州タラ出身[1]

ルーシュ
Rush (wrestler).jpg
プロフィール
リングネーム ルーシュ
ラティーノ
本名 ウィリアム・アルトゥーロ・ムニョス・ゴンザレス
ニックネーム 白い猛牛
ミスターCMLL
童顔のクラッシャー
制御不能の原点
身長 183cm
体重 93kg
誕生日 (1988-09-29) 1988年9月29日(30歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ハリスコ州の旗 ハリスコ州タラ
所属 ROH
トレーナー トロ・ブランコ
デビュー 2007年7月29日
テンプレートを表示

父はトロ・ブランコ、弟は2代目ミスティコと2代目ドラゴン・リー、叔父にピットブル、フランク・コロンボ。

来歴編集

2007年7月29日にIWRGのインディマットからラティーノとしてデビュー。

2009年夏よりCMLLと契約し新たなるリングネームルーシュとして活動。8月9日にミクトランストゥーカ・ジュニアと組んで、フーリガンロコマックスポルボラ組と対戦しデビューを飾る。

2010年8月15日、ロコマックスとのカベジェラ・コントラ・カベジェラマッチに勝利を収めた。

2011年1月9日、アンヘル・デ・オロディアマンテとのトリオでメキシコナショナルトリオ王座を奪取。2月22日には長期政権を築いてきたエフェストを破り、CMLL世界ライトヘビー級王座を奪取した。

8月1日には吉橋伸雄とカベジェラ・コントラ・カベジェラマッチで対戦し勝利。9月20日にロス・インヴァソールズ(オリンピコシコシスボラドール・ジュニア)に敗れ、メキシコナショナルトリオ王者から陥落した。

2012年1月21日に開催された「CMLL FANTASTICAMANIA」において新日本プロレスに初来日。マスカラ・ドラダとのタッグで後藤洋央紀KUSHIDA組と対戦し日本マットデビューを果たす。翌22日には後藤とシングルマッチ激突。昇天・改でピンフォール負けを喫するも、身体能力の高さを遺憾なく発揮し、8月に開催されるG1 CLIMAXに初エントリー。初戦で後藤を破り、見事リベンジを果たした。

2016年11月、WORLD TAG LEAGUE内藤哲也のパートナーXとして出場したが4勝3敗予選落ちで終わった。

得意技編集

ラ・ランツァ
ルーシュの使用するダイビング・フット・スタンプの名称で現在の主なフィニッシュ・ホールド。
ルーシュ・ドライバー
ダブルアーム・パイルドライバー
マルティージョ・ネグロという名称としても使用している。
セントーン
オリンピック・スラム
トペ・コンヒーロ
低空ドロップキック
串刺しドロップキック
コーナーに座り込んだ相手に対して、対角線のコーナーから助走を付けて相手の顔面を蹴りつける。

獲得タイトル編集

CMLL

入場テーマ曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Rush”. Wrestlingdata.com. 2015年12月3日閲覧。

外部リンク編集