ルードウィッヒ1881

ルードウィッヒ1881』(原題:Ludwig 1881, 英題:King Ludwig II)は、1993年ドイツスイスの合作映画。88分。ドイツ語

ドゥビニ兄弟が新たな視点で描いたバイエルンルートヴィヒ2世伝記映画である。1994年大阪ヨーロッパ映画祭に出品、また同年のベルリン映画祭の正式招待作品であった。

ヘルムート・バーガーが、ヴィスコンティの『ルートヴィヒ/神々の黄昏』で演じたのと同じ役を21年ぶりに演じている。本作は、ヴィスコンティ作品では描かれなかった晩年のエピソードに絞って、ルートヴィヒ2世を違った視点から描いている。また、バーガーは実際のルートヴィヒ2世の没年齢を既に超えていた。

内容編集

ルートヴィヒ2世はハンガリー生まれの宮廷役者ヨーゼフ・カインツと共にフィーアヴァルトシュテッテ湖へ旅に出る。シラーの「ヴィルヘルム・テル(ウィリアム・テル)」に描かれている歴史的な場所を訪れ、詩の朗読をさせようとする。

スタッフ編集

キャスト編集