大阪ヨーロッパ映画祭

大阪ヨーロッパ映画祭(おおさかヨーロッパえいがさい、英称 Osaka European Film Festival)は、大阪市で毎年11月に開催される映画祭。映像芸術を主な媒介に、日欧交流促進並びに地域文化振興への寄与をめざし、上映・展示・講演など各種イベントを企画・構成、のべ1ヶ月に渡る“日欧文化交流事業”として1994年より毎年開催。様々な人種・多様な価値観が混在するヨーロッパ各国の作品を幅広い国籍とテーマで紹介。

大阪ヨーロッパ映画祭
Osaka European Film Festival
イベントの種類 映画祭
通称・略称 OEFF
正式名称 大阪ヨーロッパ映画祭
開催時期 毎年11月中旬
初回開催 1994年
会場

エルセラーンホール
イーマ
梅田芸術劇場

大阪都内の映画館・劇場・
ホール各所
主催 大阪ヨーロッパ映画祭実行委員会
プロデューサー パトリス・ボワトー
公式サイト

沿革編集

  • 1994年平成6年):第1回目の大阪ヨーロッパ映画祭が開催される。
  • 企画・制作:大阪ヨーロッパ映像文化振興会
  • 主催:大阪ヨーロッパ映画祭実行委員会

年度別編集

1994年編集

1995年編集

1996年編集

1997年編集

1998年編集

1999年編集

  • 名誉委員長:パウロ・ローシャ  
  • 特集:ジャン=フィリップ・トゥーサン特集
  • 主な上映作品:『アンダー・ザ・サン』『ザ・ジェネラル』『黄金の河』

2000年編集

  • 名誉委員長:アラン・タネール
  • 特集:『オランダ映画特集』『短編映画特集』
  • 主な上映作品:『星降る夜のリストランテ』『エブリバディ・フェイマス!』『イルマ・ヴェップ

2001年編集

2002年編集

  • 名誉委員長:ジャック・ペラン
  • 特集:『ジャック・ペラン特集』『短編映画特集』
  • 主な上映作品:『WATARIDORI』『ふたりのトスカーナ』『マニトゥの靴』

2003年編集

2004年編集

  • 名誉委員長:ヤン・デクレール
  • 特集:『タンペーレ短編映画』
  • 主な上映作品:『ウィルバー』『コーラス』

2005年編集

  • 名誉委員長:ジェローン・クラッベ
  • 特集:『ドイツ アニメーション フィルム』『キンダーフィルム』
  • 主な上映作品:『マリオの生きる道』『髭を剃る男』『ひとすじの温もり』

2006年編集

2007年編集

2008年編集

2009年編集

  • 名誉委員長:ベントゥーラ・ポンス
  • 特集:『映画都市・大阪とハンブルク 』『フランダースの名優ヤン・デクレール 』『オランダ特集』
  • 主な上映作品:『LOFT』『美しく生きて~アニエラと犬~』『隣人』『アテネの恋人たち』

2010年編集

外部リンク編集