ヘルムート・バーガー

ヘルムート・バーガー(Helmut Berger, 1944年5月29日 - )は、オーストリアバート・イシュル出身の俳優ルキノ・ヴィスコンティ監督作品で有名である。ヴィスコンティ亡き後は自身を「わたしはヴィスコンティの未亡人」と呼んでいた。若い頃にイギリスイタリア留学していたため、ドイツ語のほか、英語, イタリア語、およびフランス語に堪能である。なお「バーガー」という日本語表記は英語読み(['bə:gə][1])に近く、ドイツ語では「ベアガー」[2]または「ベルガー」(['bɛrgɐ][1])に近い。

ヘルムート・バーガー
Helmut Berger
ヘルムート・バーガー Helmut Berger
ローマの自宅にて(1972年)
本名 Helmut Steinberger
生年月日 (1944-05-29) 1944年5月29日(75歳)
出生地 バート・イシュル
国籍  オーストリア
職業 俳優
活動期間 1966年 - 2019年
配偶者 フランチェスカ・グイダート(1993-)
フローリアン・ヴェス(2015)
主な作品
地獄に堕ちた勇者ども
ルートヴィヒ
家族の肖像
テンプレートを表示

人物・来歴編集

少年時代編集

ホテルの経営者の一人息子として生まれ、跡取りとして運営等のノウハウを身につけるためにホテルの専門学校へ行かされるが、幼い頃から女装やちょっとしたコスプレが好きで、俳優になることを夢見ていた。芸能界に入ることに大反対の父親と折り合いが悪く、10代半ばで家を飛び出し、演技の道を志してロンドンへ渡る。同地でレストランのウェイターなどのアルバイトしながら演劇学校に通い、演技や演劇の基礎を学ぶ。後に有名になってからも親交を結ぶこととなったキャット・スティーヴンスなど有名人の家はヒッピーに開放されており、そこでヒッピー文化の中でもフリーセックス、ドラッグに特に感化される。その後イタリアへ移り、ペルージャ大学に通いながら芸能活動をする。

ヴィスコンティとの出会い編集

大学在学中の1964年クラウディア・カルディナーレ主演の『熊座の淡き星影』で、たまたまトスカーナ地方のロケに来ていたヴィスコンティらの撮影現場に居合わせた。その時は単なるギャラリー(見物客)の1人に過ぎなかったヘルムートに目が止まり、寒い時期の撮影ということもあり、ヴィスコンティが助監督にマフラーを持っていかせたのがきっかけであったが、これが運命的出会いであった。その翌日の会食がきっかけで数カ月後にヴィスコンティの邸宅に呼ばれ、66年には『華やかな魔女たち』で本格的なスクリーン・デビューを果たすこととなる。無名のヘルムートにはホテルの従業員という役を与え、その後ヘルムートは徐々に仕事を増やし、67年に『ヤング・タイガー』では初主演を果たす。ただし、この映画はフレッシュな新人を中心に集めただけのよくある能天気な青春コメディーであり、ヘルムートにとっては最初で最後の青春系アイドル映画の出演だった。その後数本映画やテレビ映画に出演したのち再びヴィスコンティと組んだ『地獄に堕ちた勇者ども』でスター街道を歩む。『地獄に…』の撮影時は完璧主義者で有名なヴィスコンティはヘルムートに何度もNGを出したという。特にあの女装シーンでの歌と踊りでマレーネ・ディートリヒを完璧にコピーできるように要求したという。そんな苦労が実ったのかディートリヒ本人から直々の手紙を貰ったと自叙伝の『Ich』に記されている。ヘルムート曰く今でもその大女優からの手紙はとってあるという。この映画を見たビリー・ワイルダーは「全世界の中でヘルムート・バーガー以外の女には興味がない」と評した[3]

ヴィスコンティとの愛と死編集

ヘルムートとヴィスコンティの仲は公然に知られる事となる。ヘルムート曰く、ヴィスコンティを誰よりも師として尊敬し、時に父親以上に父親的な存在であり、そして恋人でもあったという。ヴィスコンティはヘルムートに様々な文化的素養を身につけさせ、レナード・バーンスタインマリア・カラスルドルフ・ヌレエフなど多くの文化人に会わせた。一方でヘルムートを理解しようとビートルズを自宅に招いたこともあった。 ヴィスコンティは嫉妬深く、ヘルムートの夜遊びを規制した。あまりの仲の深さに、特にヘルムートが姉として慕っていたロミー・シュナイダーからは“バーガー嬢”、あるいは“バーガー夫人”とからかわれた位であったという。

その後の活動編集

生活の荒廃編集

ヴィスコンティの死後、ジャッロ映画(イタリアン・スリラー)映画などに出演するが、こういった映画と現場にはなじめなかった。しかし1970年代の映画界にはヴィスコンティのような豪奢な芸術作品を再び作る力は無くなっていた。ヘルムートにとってヴィスコンティの死は大きな痛手となっていて、アルコールに手を伸ばし、荒んだ生活を送る。ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーからのいくつかのプロジェクトへの誘いやアメリカ映画『アイズ』のオファーも断り、1977年には自殺未遂を図っている。ヘルムート曰く「あれ程心から僕を愛してくれる人はもう二度と現れない」と泣いたという。ウルスラ・アンドレスなど友人の支えでなんとか生き続けることとなった。

テレビへの進出編集

その後映画のみならずフランスやイタリアでテレビの仕事もするようになる。フランコ・ネロと共演したイタリアのテレビ映画『ダンツィヒの薔薇』や、フランス・ドイツ・スイスのテレビ局と制作会社の共作でクロード・シャブロルなどが監督、ジョルジュ・ドルリューが音楽を担当した、テレビのミニシリーズ『ファントマ』に主演。しばらくはアメリカとヨーロッパを行き来する生活が続くが、ヴィスコンティ時代のような映画には出なくなる一方で、新たなイメージ開拓を模索する。 テレビ出演で最も米欧の話題に上ったのが、1980年代に進出したアメリカの人気テレビドラマ『ダイナスティ』のレギュラーだった。役の候補には他にアラン・ドロンフリオ・イグレシアスがいた。当初気乗りせず断ったのだが、推薦者であり親友のウルスラ・アンドレスの説得で出演を承諾した[4]。ヘルムートはハリウッドで旧知のジャック・ニコルソンや多くのセレブリティソーシャライトの大歓迎を受けた。しかし製作側は彼の派手な夜遊びを「スキャンダルになる」と良く思わなかった。また本気で取り組んだにもかかわらず、製作スタッフと折り合いが付かずに結局降板してしまい、使いづらい俳優のレッテルを張られてしまったという。後年、この『ダイナスティ』の思い出を「泣きながらセットに入り、笑いながら銀行に行った」とあくまでも金のための仕事に過ぎなかったと自嘲している。数年後、大作『ゴッドファーザー PART III』に出演する。フランシス・フォード・コッポラはヘルムートのファンだった[5]。通常と違い、ハゲカツラを付けての地味な老け役に挑んだ。出番が少ない上にアメリカ人スタッフ、俳優と折り合いが合わなかった。英語が下手だと言われたり、扱いのあまりの酷さに憤慨したという。しかし公開当時、この意外な配役は話題になった。

1992年マドンナのシングル『エロティカ』のプロモーションビデオに出演した[6][7]

1993年、『ルードウィッヒ1881』で21年ぶりにルートヴィヒ2世を演じた。ヴィスコンティ作品では描かれなかった晩年のエピソードに絞って描いたこの映画で、バーガーは実際のルートヴィヒ2世の没年齢の40歳より既に遥かに年上であったが円熟味と存在感のある演技を見せた。

1994年11月19日、イタリア人の元プレイメイトでライターのフランチェスカ・グイダートと結婚した。のちに別居したが、離婚はしていない[3][8]

1998年に自叙伝『Ich』(僕)を発表する。生い立ちから親しい友人の話、ヴィスコンティはもちろん、人生を時には皮肉っぽく、そして過去を赤裸々に語ったことで本国では話題になった。

1990年代後半以降は出身地オーストリアや隣国ドイツで頻繁にテレビのトーク番組にゲスト出演していて、赤裸々なトークと毒舌ぶりで知られている。

2007年ベルリン国際映画祭でこれまでの功績に対し、特別テディー賞を受賞。

半引退状態に編集

2009年に母親が亡くなるまでの約10年間を主に故郷のザルツブルクで過ごし、ほとんど俳優業からは退いていた[9]

2010年6月にイタリアのメディアのインタビューで「私は80本の映画に出演して、今は1ヶ月200ユーロ(約2万2千円)の年金をイタリアから貰ってるよ。」と告白した。彼曰くヴィスコンティから生前にもらったものは全て使い果たしたそう。友人の家を転々とする毎日を送っていたという[10]。ヴィスコンティの死後、遺言状は結局見つからず、ヘルムートはヴィスコンティの遺産を相続してはいない。

カムバック編集

2010年代以降、再び国際的に上映される機会の多いヨーロッパ映画への出演を活発化させた[11]。同時にメディアへの露出も増え、話題に上ることも多くなった。2012年秋、ドイツの出版社から大型愛蔵版写真集兼自伝『Helmut Berger - Ein Leben in Bildern』が出版された[12]。2013年1月にはドイツで高視聴率のリアリティ番組に出演[13]。同年6月にはザルツブルグの自宅が盗難に遭い、宝石類やアンディ・ウォーホールロイ・リキテンシュタインの絵画など100万ユーロ相当の被害であると報じられた[14]

2014年SAINT LAURENT/サンローラン』で、晩年のイヴ・サン=ローランを演じ、話題になった[15]2015年にはこの作品の出演への反響から、1998年にドイツ語圏で出版された自伝がフランス語に訳され、サン=ローランの伝記映画撮影に関する箇所を追加し『Helmut Berger, autoportrait』のタイトルで出版された[16]

2014年に映画で知り合った36歳年下の男優、フローリアン・ヴェスと2015年にスペインのイビザで結婚式を挙げた。この結婚には議論があり、まず、フランチェスカ・グイダートから重婚であると抗議された[17]。また、結婚式自体は形式的で正式なものではないという報告もあった[18]

2015年にはバーガーの日常生活を赤裸々に描写したというドキュメンタリー映画『俳優、ヘルムート・バーガー』が製作された。この作品はスキャンダラスな興味を喚起させたが、作品中での猥褻行為が理由でヴェスとの関係は終わりを迎えることとなった[18]

2017年、ピアニストのアレクサンドル・タローのアルバム『バルバラ』に参加した。このアルバムはシャンソン歌手バルバラへのトリビュート作品で、ヘルムートは『パリゲッティンゲン』で語りを担当した[19]

2018年ベルリンのフォルクスビューネ劇場において、カタルーニャ出身の前衛映画監督アルベルト・セラの演出、イングリット・カーフェン共演によるLibertéで73歳にして初舞台を踏んだ[20]

主な出演作品編集

映画編集

TVドラマ編集

  • ダンツィヒの薔薇 (1979)
  • ファントマ Fantomas (1980)
  • ダイナスティ Dynasty(ゲスト)(1983-84)

その他編集

ドキュメンタリー編集

舞台編集

  • Liberté (2018年2月22日 - 、フォルクスビューネ劇場)

ミュージックビデオ編集

来日編集

1985年に1度だけ来日したことがある。当時発足したばかりの東京国際映画祭に招かれての来日であり、その時に小森和子と対面した。小森はヘルムートの印象を、とても紳士的だったと語っている[21]。 その時のメインイベントの一つとして6月5日・6日に東京都体育館にて「世界映画人チャリティーテニストーナメント」が開催され、マリア・シュナイダーらと共に出場した[22]

参考文献編集

  • 自叙伝『Ich』
  • 『シネアルバム ヘルムート・バーガー』(芳賀書店、1983年)

トリヴィア編集

  • 英国版ヴォーグ誌1970年7月号の表紙を当時交際していたマリサ・ベレンソンと共に飾り、英国版のみならず、世界中のヴォーグ誌初の男性表紙モデルとなった[23][24][25]。この表紙写真を撮影したデヴィッド・ベイリーとはその後もヴォーグ誌のグラビアや1972年に製作されたテレビドキュメンタリーBailey on Visconti、スペインのファッションブランドPunto Blancoの広告写真[26]、1977年のベイリーの初の長編映画Paperbackなど、多くの仕事を共にしている。
  • イカレたロミオに泣き虫ジュリエット Du Mich Auch (1986) が監督作としてフィルモグラフィーに載っていることがあるが、ダニ・レヴィ、アンニャ・フランケと共同監督したヘルムート・バーガーは、1949年生まれの同姓同名の別人である。
  • 大島弓子はヘルムートをモチーフに『さよならヘルムート』(『週刊マーガレット』6号、1972年)という短編を描いている。
  • ザルツブルグを拠点するダンス・パンクバンドThe Helmut Bergers (2011年結成) はワイルドなセックスシンボルだったヘルムートから名前を取った、としている[27]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Duden Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Dudenverlag. (2005). p. 196. ISBN 978-3-411-04066-7. 
  2. ^ forvoによる発音例
  3. ^ a b Das-merkwuerdige-Phaenomen-Helmut-Bergerディ・ヴェルト2010年4月5日
  4. ^ 『BUNTE』誌(1985年6月)
  5. ^ ロードショー』(集英社、1991年4月号)
  6. ^ Dschungelcamp 2013: Kandidat Helmut Berger
  7. ^ Veronica Ciccone (Madonna) Intervista (1992)
  8. ^ Francesca Berger: «Helmut ubriaco in vita sua ha fatto di peggio»2010年4月6日
  9. ^ Helmut BergerWho is who.de
  10. ^ Helmut Berger: «Ridotto a vivere con 200 euro al mese di pensione» (イタリア語) 「La Chirico」Corriere della Sera 2010年6月7日
  11. ^ Das merkwuerdige phaenomen Helmut Bergerディ・ヴェルト、2010年5月4日
  12. ^ Absturz eines Märchenkönigs Zeit Online、2012年11月7日
  13. ^ Dschungelcamp 2013: Kandidat Helmut Berger
  14. ^ Einbrecher rauben Helmut Berger aus ディ・ヴェルト、2013年6月7日
  15. ^ La renaissance d’Helmut Berger en cadeau à Ramatuellevarmatin 2014年5月23日
  16. ^ Berger par Bergerフランス版ヴォーグ2015年5月29日
  17. ^ Helmut Berger wegen Bigamie angezeigt News. at、2015年10月6日
  18. ^ a b Helmut Bergers Ehe ist vorbei – nach neun Wochen ディ・ヴェルト、2015年9月14日
  19. ^ Göttingen - Helmut Berger
  20. ^ „Liberté“ mit Helmut Berger an der Volksbühne Focus Online、2018年2月23日
  21. ^ スクリーン』誌(1985年6月)
  22. ^ キネマ旬報』誌(1985年7月)
  23. ^ 100 years of Vogue ... and what it says about women Sunday Herald Scotland、2016年9月11日
  24. ^ 5 Favorites: Iconic Vintage Magazine Covers
  25. ^ Vogue's Collectible Covers
  26. ^ Ikonographisches Repertorium zur Europäischen Lesegeschichte、p49
  27. ^ The Helmut Bergers: Helmut Berger ist „Rock‘n’Roll“! Salzburg24、2013年1月22日

外部リンク編集