メインメニューを開く

ルームメイト2』(: Single White Female 2: The Psycho)は、2005年アメリカ合衆国の映画1992年の『ルームメイト』に続くシリーズ第2弾。ストーリーとしては続編ではなく、実質的にリメイクである。

ルームメイト2
Single White Female 2: The Psycho
監督 キース・サンプルズ
脚本 アンディ・ハースト
ロス・ヘルフォード
グレン・ホバート
製作 マーク・ビエンストック
製作総指揮 リチャード・ゴールドバーグ
出演者 クリステン・ミラー
アリソン・ラング
音楽 スティーヴン・M・スターン
撮影 トム・ハーティング
編集 ピーター・デヴァニー・フラナガン
製作会社 3rd Street Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントDVD
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年10月25日(DVD)
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000[1]
前作 ルームメイト
テンプレートを表示

オリジナルビデオとして製作されたため、米国では劇場公開されていない。

目次

あらすじ編集

ホリーはニューヨークの広告代理店で働くキャリアウーマン。同僚の女性ジャンとアパートの部屋をシェアしているが、二人は次の昇進を競うライバル同士でもあった。 昇進のかかった仕事として、新規開店するレストランのPRを任されるホリーとジャン。実はレストランのオーナーのデビッドは、ホリーの恋人だったのだ。これで昇進はホリーのものと思われたが、その事実を知ったジャンは策略を用いてデビッドと関係を持ってしまった。

ショックを受けたホリーは新しいアパートを探し、ルームメイトを求めていた看護師のテスの部屋に転居した。地味で優しいテスと親しくなっていくホリー。 浮気を悔いたデビッドは、ホリーをレストランの宣伝担当に指名し、二人の仲も元に戻った。

親しくなるにつれて、髪の色や服装もホリーそっくりに真似ていくテス。テスは、入院患者を苦しみから解放するために、愛ゆえに殺す看護師だったのだ。ホリーからジャンの裏切り行為を聞いたテスはジャンを殺し、デビッドもテスに殺されかけて意識不明で病院に送られた。テスにとって究極の愛情表現は、愛する女性を殺して自分も死ぬことだが、過去に親友を殺しても自分は死にきれず、新しい親友を求めて生きて来たのだ。

危うくテスに殺されかけ、デビッドに救われるホリー。テスは死んだが、強い影響を受けたホリーは、愛する人を殺すというテスの思いを受け継いでいるようだった。

キャスト編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集