レオニード・ポタポフ

レオニード・ワシリエヴィチ・ポタポフロシア語: Леонид Васильевич ПотаповLeonid Vasilyevich Potapov1935年7月4日 - 2020年11月12日)は、ロシア政治家1994年から2007年までロシア連邦内のブリヤート共和国大統領

レオニード・ポタポフ
Леонид Васильевич Потапов
Leonid Potapov.jpg
生年月日 (1935-07-04) 1935年7月4日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic (1937–1954).svg ロシア連邦共和国
Flag of the Buryat-Mongol ASSR (1937-1954).png ブリヤート自治共和国 ウアーキチ
没年月日 (2020-11-12) 2020年11月12日(85歳没)
出身校 ハバロフスク運輸大学イルクーツク国民経済大学
前職 技師、ブリヤート共和国大統領、ブリヤート共産党第一書記
所属政党КПСС.svg ソ連共産党→)
KPRF Flag.svg ロシア連邦共産党
配偶者 ニーナ・セルゲーエヴナ・ポタポワ

在任期間 1994年7月1日 - 2007年7月9日
テンプレートを表示

生涯編集

ブリヤート自治共和国出身。1959年ハバロフスク運輸大学を卒業する。大学卒業後、ウランウデのヴァゴノレモントノム機関車工場に勤務し主任、製造監督を経て、主任技師となる。この間、1965年イルクーツク国民経済大学を卒業する。1976年ブリヤート産業部長。1978年ソ連共産党ブリヤート州委第一書記。1987年トルクメン共和国マリ州ソビエト議長。1990年1月からトルクメン共和国最高会議副議長。1990年4月にブリヤート州党第一書記、ソ連共産党中央委員に選出される。1990年から1993年までロシア連邦人民代議員。1993年12月ロシア連邦議会上院連邦会議代議員。

1994年ブリヤート共和国初代大統領選挙に当選。1996年1月上院連邦会議代議員に再選され、農業委員会副議長。1998年6月21日ブリヤート大統領選挙で63.3パーセントを獲得して再選された。2002年6月23日大統領選挙では67パーセントを獲得して三選された。2007年に退任。

2020年11月12日新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により死去した[1]。85歳没。

脚注編集

先代:
初代
  ブリヤート共和国大統領
初代:1994年 - 2007年
次代:
ヴャチェスラフ・ナゴヴィツィン英語版