レシフェ

ブラジルのペルナンブーコ州の州都

レシフェ(Recife [ʁeˈsifi] ( 音声ファイル), ヘスィーフィやヒスィーフィとも表記することがある。)は、ブラジルペルナンブーコ州の州都であり港湾都市。市域の人口は約165万人 (2020年)で、ブラジル北東部ではサルヴァドールの次に大きい都市である。

レシフェ
Recife
Montagem Recife (3).jpg
レシフェの市旗 レシフェの市章
市旗 市章
愛称 : Veneza Brasileira(ブラジルのヴェネツィア
位置
レシフェの位置(ブラジル内)
レシフェ
レシフェ
レシフェ (ブラジル)
レシフェの位置(南アメリカ内)
レシフェ
レシフェ
レシフェ (南アメリカ)
座標 : 南緯8度3分14秒 西経34度52分51秒 / 南緯8.05389度 西経34.88083度 / -8.05389; -34.88083
歴史
建設 1537年3月12日
行政
ブラジルの旗 ブラジル
 地域 北東部
 州 Bandeira de Pernambuco.svg ペルナンブーコ州
 市 レシフェ
地理
面積  
  市域 217.494 km2
標高 4 m
人口
人口 (2020年現在)
  市域 1,653,461人
  都市圏 3,743,854人
  備考 統計[1]
その他
等時帯 UTC-3 (UTC-3)
公式ウェブサイト : Recife, Pernambuco
レシフェ、サン・ジョゼの古い町並み

歴史編集

ポルトガルの植民地の一部であり、2km北にある砂糖産業の中心地オリンダの外港であったが、オランダ1630年にこの地方を占領し、レシフェに拠点を置いたことが発展の契機となった[2]。オランダ統治下の1637年から1644年にかけて、当時の総督のもとで新市街や宮殿、新旧両市街を結ぶ橋などが建設され、それまでの港湾機能に加え統治機能や商業機能も備えた本格的な都市建設が行われた[3]。1654年にポルトガルがこの地方を奪回し、オランダ人に変わってポルトガル人がレシフェの住民となったものの、商業機能はそのまま維持され、オリンダをしのぐ都市となっていった[4]

ポルトガル王室から奴隷貿易の受け入れ港としての特権を与えられていたため、サルヴァドールリオ・デ・ジャネイロなどとともに奴隷貿易の拠点としても栄えた。

2022年5月、集中豪雨に襲われ市内が冠水。床上・床下浸水多数。レシフェを含む州一帯で死者数100人以上[5]

地理編集

ブラジル北東部の海岸に位置している。

気候編集

貿易風の影響を受け、熱帯モンスーン気候に属している。

レシフェの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 37
(99)
38
(100)
37
(99)
35
(95)
37
(99)
37
(99)
32
(90)
33
(91)
37
(99)
37
(99)
38
(100)
38
(100)
38
(100)
平均最高気温 °C°F 30.2
(86.4)
30.2
(86.4)
30
(86)
29.7
(85.5)
28.9
(84)
28.8
(83.8)
27.3
(81.1)
27.5
(81.5)
28.1
(82.6)
29
(84)
30.1
(86.2)
30.2
(86.4)
29.17
(84.49)
日平均気温 °C°F 26.6
(79.9)
26.6
(79.9)
26.5
(79.7)
25.9
(78.6)
25.2
(77.4)
24.5
(76.1)
24
(75)
23.9
(75)
24.6
(76.3)
25.5
(77.9)
25.9
(78.6)
26.3
(79.3)
25.46
(77.81)
平均最低気温 °C°F 22.4
(72.3)
22.6
(72.7)
22.7
(72.9)
22.6
(72.7)
21.9
(71.4)
21.6
(70.9)
21.1
(70)
20.6
(69.1)
20.7
(69.3)
21.4
(70.5)
21.9
(71.4)
22.2
(72)
21.81
(71.27)
最低気温記録 °C°F 20
(68)
20
(68)
21
(70)
20
(68)
21
(70)
15
(59)
18
(64)
17
(63)
18
(64)
17
(63)
17
(63)
19
(66)
15
(59)
降水量 mm (inch) 103.4
(4.071)
144.2
(5.677)
264.9
(10.429)
326.4
(12.85)
328.9
(12.949)
389.6
(15.339)
385.6
(15.181)
213.5
(8.406)
122.5
(4.823)
66.1
(2.602)
47.8
(1.882)
65
(2.56)
2,457.9
(96.769)
平均降水日数 (≥0.1 mm) 14 16 19 21 23 25 25 23 18 15 12 13 224
湿度 73 77 80 84 85 85 85 85 78 76 74 75 80
平均月間日照時間 244.9 211.9 204.6 186 186 168 170.5 108.5 216 248 267 254.2 2,465.6
出典1:World Meteorological Organization.,[6] Hong Kong Observatory (sun only 1961-1990) [7]
出典2:Weatherbase (record highs, lows and humidity) [8]

人口動態編集

混血 (52.9%) 、白人 (38.6%) 、黒人 (8.0%) 、その他 (0.4%)

交通編集

治安編集

レシフェはブラジルの他の都市と比べて治安は良くない。住民100,000人につき69,4件の殺人が起こっており、これはリオデジャネイロサンパウロと比べても高く、ブラジルの平均の2倍ほどである。

日本国大使館のレシフェ出張駐在官事務所によれば殺人事件の発生率はブラジルでも有数であるとし、警察と強盗団の銃撃戦は日常茶飯事といった有様で、住民が流れ弾に巻き込まれるケースも多々あると注意を促している[9]

スポーツ編集

2014 FIFAワールドカップの開催都市の一つであった。

レシフェを本拠地とするサッカークラブ編集

姉妹都市編集

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ IBGE 2020
  2. ^ 「ブラジルの都市の歴史 コロニアル時代からコーヒーの時代まで」p155-156 中岡義介・川西尋子著 明石書店 2020年1月31日初版第1刷発行
  3. ^ 「ブラジルの都市の歴史 コロニアル時代からコーヒーの時代まで」p162-168 中岡義介・川西尋子著 明石書店 2020年1月31日初版第1刷発行
  4. ^ 「ブラジルの都市の歴史 コロニアル時代からコーヒーの時代まで」p178-179 中岡義介・川西尋子著 明石書店 2020年1月31日初版第1刷発行
  5. ^ ブラジル豪雨、死者100人に”. AFP (2020年6月1日). 2022年6月1日閲覧。
  6. ^ Climate Information for Recife, World Weather Information Service, accessed 05 May 2012.
  7. ^ Climatological Information for Recife, Brazil, Hong Kong Observatory, accessed 05 May 2012.
  8. ^ Weatherbase: Historical Weather for Recife” (2011年7月). 2014年5月2日閲覧。
  9. ^ 安全の手引き”. 在ブラジル日本国大使館. 2014年5月2日閲覧。


外部リンク編集