メインメニューを開く

レッツ・ゲット・イット・オン」(Let's Get It On)は、マーヴィン・ゲイ1973年に発表した楽曲。全米1位を記録。ゲイの代表作の一つ。

レッツ・ゲット・イット・オン
マーヴィン・ゲイシングル
初出アルバム『Let's Get It On
B面 I Wish It Would Rain
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロサンゼルス、ヒッツヴィル・ウェスト
1973年3月13日(ベーシック・トラック、デモ・ボーカル)
1973年3月22日(リード・ボーカル)
1973年4月4日(バッキング・ボーカル)
ジャンル ソウル
時間
レーベル タムラ / モータウン
作詞・作曲 マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド
プロデュース マーヴィン・ゲイ、エド・タウンゼンド
ゴールドディスク
プラチナディスク
チャート最高順位
マーヴィン・ゲイ シングル 年表
Trouble Man
(1972年11月)
レッツ・ゲット・イット・オン
(1973年6月)
Come Get to This
(1973年10月)
ミュージックビデオ
「Let's Get It On」 - YouTube
テンプレートを表示

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では168位にランクされている。

概要編集

ソングライターとして60年代、ベン・E・キングなどに楽曲を提供していたエド・タウンゼンドはやがてアルコール依存症にむしばまれ、ニューヨーク州北部にあるリハビリ施設に入った。1973年に施設を出たタウンゼンドは南カリフォルニアに向かい、カルヴァー・シティのキャタロウガス通りにあるマーヴィン・ゲイの家を訪ねた。そこで彼はリハビリ中に作った曲をいくかつかゲイに披露した。「レッツ・ゲット・イット・オン」はその中の一つであり、元々は宗教的なテーマの曲だったと言われている[2]。意気投合した二人はゲイのソロ・アルバムの制作にとりかかることとなり、1973年3月13日からロサンゼルスモータウンのスタジオ、ヒッツヴィル・ウェストに入った。

歌詞はゲイの友人のケネス・ストーヴァーによって政治的なものにいくらか改められたが、さらにゲイ自身が書きかえ、愛とセックスがテーマの曲に生まれ変わった[2]

1973年3月13日、ベーシック・トラックとデモ・ボーカルが録音される。編曲とオーケストラの指揮はレネイ・ホール(René Hall)が行った。ピアノでジョー・サンプルが参加。ベースを担当したのはウィルトン・フェルダーであった。なおこの日録音されたものは、アルバム『Let's Get It On』の4曲目のリプリーズ「Keep Gettin' It On」に使用されている。

そしてリード・ボーカルのレコーディングが行われた3月22日、タウンゼンドの友人のバーバラ・ハンターが17歳になったばかりの娘、ジャニスを連れてスタジオを訪れた[3]。ジャニス・ハンターは母バーバラとジャズ・ミュージシャン、スリム・ゲイラードの間にできた子供だった。伝説ではゲイが「レッツ・ゲット・イット・オン」の歌入れをしている間彼女はスタジオにいたと言われ、二人はしばらくのちに交際し始め、1977年に結婚した。

同年6月15日、シングルとして発表。B面はテンプテーションズのカバーで、1970年のアルバム『That's the Way Love Is』に収録されていた「I Wish It Would Rain」。シングル・バージョンは8月28日発売のアルバム『Let's Get It On』収録のバージョンとはミックスが異なる。

ビルボード・Hot 100とビルボードのソウルチャートで1位を記録し、プラチナディスクに輝いた。

2001年に発売された『Let's Get It On』のデラックス・エディションにデモ・バージョンが収録された。

脚注編集

  1. ^ 45cat - Marvin Gaye - Let's Get It On / I Wish It Would Rain - Tamla - USA - T 54234F
  2. ^ a b David Ritz; Ed Townsend; Ben Edmonds; Harry Weinger (2001). Marvin Gaye - Let's Get It On (Deluxe edition liner notes). Motown Records. MOTD 4757.
  3. ^ Getlen, Larry (2015年5月3日). “Marvin Gaye’s wife reveals how he tortured her”. New York Post. https://nypost.com/2015/05/03/marvin-gayes-wife-revealed-how-he-tortured-her/ 2018年12月21日閲覧。 

関連項目編集

先代:
ストーリーズ
「ブラザー・ルイ」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1973年9月8日(1週)
次代:
ヘレン・レディ
デルタの夜明け
先代:
ヘレン・レディ
デルタの夜明け
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1973年9月22日(1週)
次代:
グランド・ファンク
アメリカン・バンド
先代:
アレサ・フランクリン
「エンジェル」
Best Selling Soul Singles ナンバーワンシングル
1973年8月18日 - 9月22日(6週)
次代:
スティーヴィー・ワンダー
「ハイアー・グラウンド」