メインメニューを開く

ソウル(soul)あるいはソウル・ミュージック(soul music)は、ポピュラー音楽ジャンルの一つ。基本的にはリズム・アンド・ブルース(R&B)のジャンルの中に属している[1]

概要編集

1950年代から1960年代の初期にかけて、アメリカにおいてアフリカ系アメリカ人ゴスペル[2]ブルース[3]から発展しできた音楽の体系である[4]。R&Bなどの黒人由来の音楽が、ポピュラー・ミュージックとして広く認知され、広範囲にわたって発展・拡大した1960年代よりゴスペル色の濃厚な音楽を、ソウル・ミュージックと自然発生的に呼ばれるようになった[5]

音楽ライターのジョン・ランドウによれば、オーティス・レディングやウィルソン・ピケットらのソウル・シンガーは、テネシー州メンフィスや、アラバマ州マッスル・ショールズで録音した曲をヒットさせている[6]。ソウル・ミュージックは、文化性や芸術性もあるが、基本的にはポピュラー音楽である[7]。ゴスペル由来のコード進行、たたみかけるような覚えやすいリズムコールアンドレスポンスの使用などの特徴がある。代表的な歌手にはオーティス・レディング、アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケット[8]、サム&デイヴ、ジョー・テックス[9]、クラレンス・カ-ター、ソロモン・バークらがいる

ソウルは、R&Bとの間で明瞭な境界線を引くのは難しく[10]、レコード店のジャンル分けや、業界紙やラジオのヒット・チャートなどにおいても ソウル/R&B などのようにワンセットで扱われることが多い。 ソウルと、1980年代に流行したブラック・コンテンポラリーの大きな相違点としては、ソウルがシャウトなどの激しい表現があるのに対し、ブラコンはシャウトしない場合が多く、これはジョージ・クリントンが「R&Bスケルトンズ・イン・ザ・クロゼット」の歌詞でも指摘している通りである。1990年代ごろにはベテランの歌う曲をソウルとして、ブルースに近い意味合いとして分離した。一方で若手の歌うヒットの可能性のある歌ものをR&Bと呼ぶようになった[10]

サブジャンル・派生ジャンル編集

アメリカ北部のモータウンに代表されるノーザン・ソウルは、白人層もターゲットにした洗練されたソウルだった。一方、スタックスなどのアメリカ南部のサザン・ソウルは、ディープ、ブルージーあるいはファンキーな音楽は「ディープ・ソウル」と呼ばれる場合もある。

主なソウル・アーティスト編集

日本の主なソウル・アーティスト編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 男の隠れ家』 2011年1月号 p.26
  2. ^ http://www.allmusic.com/subgenre/gospel-ma0000002622
  3. ^ http://www.allmusic.com/genre/blues-ma0000002467
  4. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 p.64 - 67
  5. ^ Stars of Soul and Rhythm & Blues.
  6. ^ Jon Landau, Otis Redding, in Jim Miller (ed.), The Rolling Stone Illustrated History of Rock & Roll, 1976, pp. 210–213.
  7. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 p.65冒頭
  8. ^ 「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」がヒットした
  9. ^ http://www.allmusic.com/artist/joe-tex-mn0000210323
  10. ^ a b 『男の隠れ家』 2011年1月号 p.67終り, pp.26-27
  11. ^ http://www.allmusic.com/artist/joe-tex-mn0000210323
  12. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 pp.18-27
  13. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 pp.72-73

出典/参考文献編集

  • 『魂の行方(ソウルのゆくえ)』:ピーター・バラカン、新潮社
  • 『リズム&ブルースの死』:ネルソン・ジョージ、早川書房
  • Lee Hildebrand, Stars of Soul and Rhythm & Blues, Watson-Guptill Publications, 1994, ISBN 0823076334 et al.
  • 『男の隠れ家』 2011年1月号 ロック&ポップスを産んだ黒人音楽の世界 GOSPEL BLUES SOUL JAZZ 朝日新聞出版  グローバルプラネット pp.18 - 27, 64-75:出田圭
  • Adams, Michael (2008). Review of Atlantic Records: The House That Ahmet Built, by Susan Steinberg. Notes 65, no. 1.
  • Cummings, Tony (1975). The Sound of Philadelphia. London: Eyre Methuen.
  • Escott, Colin. (1995). Liner notes for The Essential James Carr. Razor and Tie Records.
  • Gillett, Charlie (1974). Making Tracks. New York: E. P. Dutton.
  • Guralnick, Peter (1986). Sweet Soul Music. New York: Harper & Row.
  • Hannusch, Jeff (1985). I Hear You Knockin': The Sound of New Orleans Rhythm and Blues. Ville Platte, LA: Swallow Publications. ISBN 0-9614245-0-8.
  • Hoskyns, Barney (1987). Say it One More Time for the Broken Hearted. Glasgow: Fontana/Collins.