メインメニューを開く

レベル42(レベルフォーティートゥー、Level 42[2]は、英国出身のフュージョンポップファンクバンドシャカタクと並んで、英国を代表するファンク・フュージョン・バンドである。

レベル42
Level 42
Level42 indigoO2 2009 02.jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ワイト島
ジャンル ロックポップジャズ・ファンクフュージョンニュー・ウェイヴ[1]
活動期間 1980年 - 1994年
2001年 - 現在
レーベル ポリドール (1981年 - 1989年)
RCA (1989年 - 1994年)
W14 / ユニバーサル・レコード (2005年 - 現在)
公式サイト Official Website
メンバー マーク・キング
マイク・リンダップ
ピート・レイ・ビギン
ネイサン・キング
シーン・フリーマン
旧メンバー フィル・グールド
ブーン・グールド
アラン・マーフィー
アラン・ホールズワース
ジャッコ・ジャクスジク
ゲイリー・ハズバンド
リンドン・コナー
ウォーリー・バダルー(サポート)

代表曲「Something about you」「Lessons in love」は、米国でもチャートインするまでのビッグヒットとなった。

「Level 42」の「42」はイギリスのジョークSF小説『銀河ヒッチハイクガイド(The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)』に出てくる生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答えをオマージュしたもの。

メンバー編集

 
リーダーのマーク・キング(1987年)

メンバーはリーダーのマーク・キングベース、メインボーカル)、マイク・リンダップキーボード、ボーカル)、フィリップ・グールドドラムス)、ブーン・グールドギターコーラス)。フィリップとブーンは兄弟であり、アルバム『ラニング・イン・ザ・ファミリー』を最後に脱退した。なお、サポートメンバーにウォーリー・バダルー(キーボード)がおり、初期のヒットに貢献した。5人目のメンバーとしてみなされていたが、正メンバーにはならなかった。他メンバーにアラン・マーフィー、ジャッコ・ジャクスジク(ギター)、ゲイリー・ハズバンド(ドラムス、コーラス)、ネイサン・キング(ギター、ボーカル)、リンドン・コナー(キーボード、ボーカル)、シーン・フリーマン(サックス、コーラス)がいる。

歴史編集

1979年にジャズ・ファンク/フュージョンバンドとして結成。1980年代を通じてイギリスおよび世界中でいくつものヒット曲を飛ばした。

デビュー時しばらくは、インスト指向のマニアックな色合いが強かったが、EW&Fのメンバー、ラリー・ダンをプロデューサーに迎えたあたりから、商業的な路線に方向転換を見せる。

バンドは1994年に1度解散しているが、マーク・キングのソロプロジェクトという形態で、メンバーを交代して再結成されている。2006年には、オリジナル・メンバーであるマイク・リンダップが復帰し、新作アルバム『Retroglide』をリリースするとともに、ツアーを行うことが決定した。メンバーは、リーダーのマーク・キングに、マイク・リンダップ、リンドン・コナーゲイリー・ハズバンドネイサン・キング、コーラスのシーン・フリーマン。また、オリジナル・メンバーのブーン・グールドも曲作りに参加しているほか、1曲のみ演奏に参加している。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『アーバン・ファッシネーション』 - Level 42 (1980年)
  • 『ナイト・ロマンス』 - The Early Tapes (1982年)
  • 『パーシュート・オブ・アクシデンツ』 - The Pursuit of Accidents (1983年)
  • 『サン・ゴーズ・ダウン』 - Standing in the Light (1983年)
  • 『トゥルー・カラーズ』 - True Colours (1984年)
  • 『ワールド・マシーン』 - World Machine (1985年)
  • 『ラニング・イン・ザ・ファミリー』 - Running In The Family (1987年)
  • 『ステアリング・アット・ザ・サン』 - Staring At The Sun (1988年)
  • 『ギャランティード』 - Guaranteed (1991年)
  • 『フォーエバー・ナウ』 - Forever Now (1994年)
  • Retroglide (2006年)

脚注編集

  1. ^ Level 42 - Allmusic
  2. ^ レヴェル42」の表記もある。

外部リンク編集