ユニバーサル ミュージック グループ

アメリカのレコード会社
ヴィヴェンディ > ユニバーサル ミュージック グループ

ユニバーサル ミュージック グループ英語: Universal Music Group)は、アメリカ音楽会社ワーナー・ミュージック・グループソニー・ミュージックエンタテインメントと共に、世界3大レーベルのひとつである。オペレーション本部をカリフォルニア州サンタモニカに、コーポレート本部(役員オフィス)をオランダヒルフェルスムに置く。

ユニバーサル ミュージック グループ
Universal Music Group N.V.
Universal Music Group logo.svg
Umgheadquarters.jpg
サンタモニカのオペレーション本部
種類 公開会社
市場情報 EuronextUMG
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2220 Colorado Avenue, サンタモニカ, カリフォルニア州(オペレーション本部)
オランダの旗 オランダ 's-Gravelandseweg 80, ヒルフェルスム(役員オフィス)
設立 1934年9月 (87年前) (1934-09)
事業内容 音楽、エンターテイメント
代表者 Lucian Grainge(会長 & CEO
Boyd Muir(CFO
主要株主 テンセント(20%)
Vincent Bolloré(18%)
Pershing Square Holdings(10%)
ヴィヴェンディ(10%)
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)
テンプレートを表示

概要編集

1996年に、親会社のMCAが傘下のユニバーサル・ピクチャーズに合わせて社名をユニバーサルと変更した際、音楽部門であるMCAレコードもユニバーサル ミュージック グループと改名した。MCAは当時の6大メジャー・レーベルの一つだった。1998年に、ポリグラムと合併したことによって、世界最大のレコード会社となった。現在の会長兼CEOは、ルシアン・グレンジ(Lucian Grainge)ポリドール・レコードはジェームス・ブラウンなど、マーキュリー・レコードはバーケイズ、カメオ、コンファンクシャンなど、モータウンはテンプテーションズなどの魅力的なカタログを保有している。

親会社であったヴィヴェンディ・ユニバーサル(2000年に酒造会社だったシーグラムの娯楽部門がヴィヴェンディと合併したもの。現在はヴィヴェンディに改称)の娯楽部門(ヴィヴェンディ・ユニバーサル・エンタテインメント)は財務体質悪化の為、2004年にNBCと合併、NBCユニバーサルとなったが、ユニバーサル ミュージック グループは合併の対象には含まれなかった。

2018年7月に売却案が出ており[1]、2020年には、中国の複合企業テンセント・ホールディングズが、ユニバーサルの一部を買う案が出た[2]。2019年末までにヴィヴェンディが保有するユニバーサル ミュージック グループの株式10%をテンセントに売却[3]、2021年9月、ユニバーサル ミュージック グループはユーロネクスト・アムステルダムに上場し株式公開、株式の60%がヴィヴェンディの株主へ分配された[4]

日本では、同社の音楽作品は子会社のユニバーサル ミュージック合同会社より発売されている。

ちなみに、2009年2月、電通傘下のジェネオン エンタテインメント(旧:パイオニアLDC)とNBCユニバーサル傘下のユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンが合併し「ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン(現:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)」となったことにより、「ユニバーサル」とそのシンボルマークである地球儀マークを冠する異なる企業グループによるレコード会社が並立することになった[注釈 1]

沿革編集

  • 1995年 シーグラムが、MCAレコードやユニバーサル・ピクチャーズを擁するMCAを買収。
  • 1996年 シーグラムが、旧MCAをユニバーサルと改名。これに伴い、MCAレコードもユニバーサル ミュージックと改名。
  • 1998年 シーグラムが、ポリグラムを買収し、ユニバーサルミュージックと統合。
  • 2000年 シーグラムが、酒造部門と娯楽部門に分割され、前者をペルノ・リカールに、後者をヴィヴェンディに売却。これによりヴィヴェンディ・ユニバーサルが誕生。
  • 2004年 ヴィヴェンディ・ユニバーサルの娯楽部門はNBCと合併するが、ユニバーサル ミュージック グループ(UMG)はこの合併には参加せず。
  • 2006年 仏ヴィヴェンディが松下電器産業(現:パナソニック、1990年–1995年は単独所有、1995年–2006年は共同所有)の所有していた残りの株式を買収し、ユニバーサル ミュージック グループはヴィヴェンディの100%子会社となる。年末より独立レーベルのコンコード・ミュージック・グループの配給を開始。
  • 2007年 ベルテルスマンの音楽出版部門であるBMGミュージック・パブリッシングを買収、ヴィヴェンディ傘下のUMGに統合。
  • 2011年 ヴィヴェンディがEMIの音楽部門の買収をソニーと争い、最終的に獲得。UMG傘下に統合させると発表した[5]
  • 2015年 グループ再編。北米以外を統括してきた子会社“UMG International”を実質解体し、各地域子会社を直接UMG傘下に置き権限と責任を強化するシステムに改めた。UMGも実質北米の地域会社として他地域との連携を強化する。
  • 2019年 ヴィヴェンディが保有するユニバーサル ミュージック グループの株式10%をテンセントに売却[3]
  • 2021年 オランダのユーロネクスト・アムステルダムに上場し、株式公開企業となった[4]

主要なレーベル・グループ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 過去に、ユニバーサルミュージックの日本法人が発足当時、ビクターエンタテインメントとの合弁会社であるユニバーサル ビクターの様に並立していた時期もあった。

出典編集

  1. ^ ユニバーサルミュージックが株式売却へ、音楽業界に地殻変動”. 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ "Tencent Agrees to Buy 10 Percent of Universal Music Group". The Hollywood Reporter. Retrieved January 2, 2020.
  3. ^ a b 中国のテンセントがユニバーサルミュージックの株を10%取得” (2020年1月1日). 2020年1月11日閲覧。
  4. ^ a b ユニバーサル・ミュージック・グループが新規上場、大幅高”. ニューズウィーク (2021年9月21日). 2021年9月26日閲覧。
  5. ^ http://www.billboard.biz/bbbiz/industry/record-labels/emi-publishing-goes-to-sony-label-to-universal-1005508552.story

関連項目編集

外部リンク編集