レリック』(原題: The Relic)は、1997年アメリカ映画。ダグラス・プレストン/リンカーン・チャイルドによる同名小説劇場映画化作品である。原作では続編『地底大戦-レリック2 』が発表されているが、映画化されているのは2013年現在第1作のみ。

レリック
The Relic
監督 ピーター・ハイアムズ
脚本 エイミー・ジョーンズ
ジョン・ラッフォ
リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
原作 ダグラス・プレストン
リンカーン・チャイルド
製作 ゲイル・アン・ハード
サム・マーサー
製作総指揮 マーク・ゴードン
ゲイリー・レヴィンソン
出演者 ペネロープ・アン・ミラー
トム・サイズモア
音楽 ジョン・デブニー
撮影 ピーター・ハイアムズ
編集 スティーブン・ケンパー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年1月10日
日本の旗 1997年5月31日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $33,956,608[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

原作小説編集

アマゾンの奥地で発見された植物リリシー・ンブーンネンシスには、レオウイルスという病原体が含まれていた。同地からアメリカへ向かう貨物船員の1人は、そのウイルスに感染してしまい、入港時には船内から姿をくらましてしまっていた。そして、創立記念式典がおこなわれる博物館で、人々が一人、また一人と姿を消していく事件がおこる。レオウイルスとは、感染した人や動物を巨大肉食獣=“レリック”に変貌させてしまう古代人の生物兵器だったのだ。博物館に閉じこめられてしまった学芸員警察、そして客らは力を合わせ、古代の殺人獣が人間の脊髄を求めて徘徊する建物から決死の脱出作戦を開始する。

映画版編集

アメリカシカゴミシガン湖にて乗組員全員が惨殺された漂流船が発見される。船は6週間前にブラジルを発った貨物船で、乗組員の遺体は全てが頭を引き千切られ脳下垂体を抜き取られていた。ほどなくして シカゴ歴史博物館英語版でも同様に脳下垂体を抜き取る連続殺人事件が発生。仮の容疑者が挙がり事件は解決となるも、捜査担当のヴィンセント・ダガスタ警部補は納得が行かず捜査継続を訴える。しかし博物館で開催予定の新展示開設セレモニーパーティーに支障をきたす事を恐れた来賓の権力者たちから圧力を受け、捜査は打ち切られてしまう。
同時期、アマゾン原住民と接触を図りにブラジルへ行ったきり音信不通だった人類学者ジョン・ホイットニー博士から、シカゴ歴史博物館宛てに積荷が届く。中身は遺物の破片とカビが生えたバナナの葉であった。他の学芸員たちが遺物に注目する中、葉に生えたカビに興味を持った進化生物学者マーゴ・グリーン博士は、解析を進めるうちにカビがウイルス性の酵素を持ち他の動植物の遺伝子構造を書き換える作用を持つこと、またヒトの脳下垂体で作られるホルモンを高濃度で含む事を突き止めた。カビに寄生された生物は遺伝子を書き換えられ、脳下垂体ホルモンを欲する爬虫類の異形へと変身するのである。それはブラジルに住むゼンゼラ族の伝承、カビをエサに使役される生物兵器「レリック(原語版ではコソーガと呼称)」の伝説に酷似していた。
パーティーの晩、真犯人の存在を疑っていたダガスタは博物館の地下からミシガン湖に繋がる廃坑道でレリックの巣を発見し、事態を把握する。時同じくしてレリックが博物館の警備室を襲撃。暴走した防犯システムにより陸の孤島と化した博物館で、惨劇の一夜が幕を開ける。

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
マーゴ・グリーン ペネロープ・アン・ミラー 相沢恵子
ヴィンセント・ダガスタ警部補 トム・サイズモア 大塚明夫
アン・カスバート博士 リンダ・ハント 竹口安芸子
フロック博士 ジェームズ・ホイットモア 松岡文雄
ホリングワース クレイトン・ローナー 後藤敦
グレッグ チ・ムオイ・ロー 家中宏
トム・パーキンソン トーマス・ライアン 千田光男
ロバート・オーウェン市長 ロバート・レッサー 小室正幸
オーウェン市長夫人 ダイアン・ロビン
ジョン・ホイットニー ルイス・ヴァン・バーゲン 大滝進矢
エヴァンズ トーマス・ジョセフ・キャロル 伊藤栄次
マクナリー ジョン・カペロス 福田信昭
ベイリー ティコ・ウェルズ 鈴木勝美
ブラッドリー マイク・バカレラ 峰恵研
ウートン警備員 ジョン・ディサンティ
ジョンソン警備員 デヴィッド・プローヴァル 大滝進矢
フレデリック・フォード警備員 ジョフェリー・C・ブラウン 北川勝博
  • 日本語吹替
その他の声優:久保田民絵片岡富枝喜田あゆ美永迫舞大黒和広幸田夏穂鳥畑洋人
演出:蕨南勝之、翻訳:武満眞樹、調整:長井利親、制作:ニュージャパンフィルム

参考文献編集

  1. ^ The Relic (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2011年8月27日閲覧。

外部リンク編集