鈴木勝美

日本の男性声優 (1956-)

鈴木 勝美(すずき かつみ、1956年8月5日[1] - )は、日本男性声優愛知県刈谷市出身[2]81プロデュース所属[4]洗足学園音楽大学講師[5]

すずき かつみ
鈴木 勝美
プロフィール
本名 同じ[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本愛知県刈谷市[2]
生年月日 (1956-08-05) 1956年8月5日(67歳)
血液型 A型[3]
職業 声優
事務所 81プロデュース[4]
公式サイト 鈴木勝美 - 81プロデュースの公式サイト
活動
活動期間 1980年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴 編集

麗澤瑞浪高等学校[2]愛知学院大学文学部歴史学科卒業[5]俳協演劇研究所10期生。NPSアクターズゼミナール[6]、NHKプロモートサービス[5]出身。かつては、オフィス央[6]ぷろだくしょんバオバブ[1]ぷろだくしょん★A組[6]アーツビジョン[6]に所属していた。

元は教師を志望していたが、大学の3年生の春休みに声優についての本を見たことと、学校教師をしている兄[2]や教育現場を見たことをきっかけに声優を志し、大学卒業後に愛知から上京して俳協演劇研究所に入学する。26歳の頃、『超時空要塞マクロス』の柿崎速雄役で初レギュラーを得る[7]

人物・エピソード 編集

声種バリトン[8]

方言名古屋弁三河弁[4]

アニメ番組に欠かせない名脇役のひとり[9]

1997年時点では変な動物役を演じていることで知られていた[9]

趣味・特技は温泉巡り、スポーツ観戦、ハーモニカ[4]

養成所時代、食べることよりレッスン代が必要と考え、1日150円の生活をしていた[7]

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
  • おそ松くん(1988年 - 1989年、忍者、客B、TV局員)
  • それいけ!アンパンマン(1988年 - 2023年、長老、卵焼き家老〈初代〉、カステラ城のコック長、メロンおじさん〈初代〉、ダイキンまん、赤ばいきんまん、ちゃわんむしまろ)
  • 鉄拳チンミ(チンゲン、修行僧A、モブ、水夫B、水兵)
  • 燃える!お兄さん(子分、有座須)
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2012年
  • ONE PIECE(2012年 - 2014年、ヌル、仮面の男〈CP-0〉[19]
2016年
2018年
2019年
2020年
2021年
2023年
2024年

劇場アニメ 編集

1980年代
1990年代
2000年代
2010年代
2020年代

OVA 編集

1984年
1985年
  • 魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ(記者C)
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
  • うるるちゃんのかずあそび(イワン)
1996年
1997年
2000年
  • 紺碧の艦隊(室生直毅)

ゲーム 編集

1993年
1994年
1995年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
  • グレゴリーホラーショー ソウルコレクター(カエル占い師)
  • 超時空要塞マクロス柿崎速雄、ワレラ、アナウンサー)
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年
2017年
2018年
2019年

ドラマCD 編集

吹き替え 編集

映画 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

音楽CD 編集

ラジオ 編集

オーディオブック 編集

パチスロ 編集

テーマパーク 編集

脚注 編集

シリーズ一覧

  1. ^ 第1期『-風舞高校弓道部-』(2018年 - 2019年)、第2期『-つながりの一射-』(2023年)
  2. ^ ドンキーコング ジャングルビート』(2004年)、『ドンキーコング ジャングルクライマー』『ドンキーコング たるジェットレース』(2007年)、『Wiiであそぶ ドンキーコングジャングルビート』(2008年)、『ドンキーコング リターンズ』(2010年)、『ドンキーコング リターンズ 3D』(2013年)、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』(2014年)、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』(2018年)
  3. ^ マリオテニスGC』(2004年)、『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』(2005年)、『マリオバスケ 3on3』(2006年)、『マリオストライカーズ チャージド』『マリオパーティDS』(2007年)、『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』『マリオカートWii』(2008年)、『Wiiであそぶ マリオテニスGC』、『マリオテニス オープン』『マリオパーティ9』(2012年)、『マリオゴルフ ワールドツアー』(2014年)、『マリオ&ソニック AT リオオリンピック™』『ミニマリオ & フレンズ amiiboチャレンジ』『マリオパーティ スターラッシュ』(2016年)、『マリオスポーツ スーパースターズ』(2017年)、『スーパー マリオパーティ』『マリオテニス エース』(2018年)、『マリオカート ツアー』『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』(2019年)、『マリオストライカーズ バトルリーグ』(2022年)。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、155 - 156頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b c d 「声優クローズあっぷ」『ジ・アニメ』1984年10月号、近代映画社、1984年9月、162頁。 
  3. ^ 「声優名鑑2017 男性編」『声優グランプリ』2017年4月号付録、主婦の友社、2017年3月、26頁。 
  4. ^ a b c d e 鈴木 勝美 - (さ行):株式会社81プロデュース‐声優プロダクション”. 2023年11月4日閲覧。
  5. ^ a b c 教員・指導陣紹介 鈴木勝美”. 洗足学園音楽大学. 2020年1月16日閲覧。
  6. ^ a b c d 鈴木 勝美”. アーツビジョン. 2007年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月16日閲覧。
  7. ^ a b 渡辺由美子・アニメージュ編集部編「声優って大変だけど面白い------現役声優座談会」『アニメージュ・オリジナルレポート 声優になりたいあなたへ』徳間書店、1994年4月30日、ISBN 4-19-860101-1、69-81頁。
  8. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、61頁。ISBN 978-4-09-526302-1 
  9. ^ a b 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、72頁。ISBN 4-19-720012-9 
  10. ^ きまぐれオレンジ☆ロード: 作品情報”. アニメハック. 2023年6月13日閲覧。
  11. ^ みかん絵日記”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  12. ^ 幽☆遊☆白書: 作品情報”. アニメハック. 2023年2月2日閲覧。
  13. ^ キャラクター”. 勇者Web. 勇者特急マイトガイン. サンライズ. 2022年12月4日閲覧。
  14. ^ 作品概要”. 勇者Web. 勇者特急マイトガイン. サンライズ. 2022年12月4日閲覧。
  15. ^ 作品データベース”. タツノコプロ. 2022年12月4日閲覧。
  16. ^ NINKU -忍空-”. ぴえろ公式サイト. 2020年12月4日閲覧。
  17. ^ GTO”. メディア芸術データベース. 2016年9月8日閲覧。
  18. ^ 「流星のロックマン トライブ」スタッフ & キャスト”. XEBEC. 2022年10月14日閲覧。
  19. ^ CP-AIGIS 0”. ONE PIECE.com. 2017年8月22日閲覧。
  20. ^ 登場人物”. 半妖の夜叉姫. 2020年10月31日閲覧。
  21. ^ CAST/STAFF 1st SEASON”. TVアニメ&実写『やくならマグカップも』. 2021年8月30日閲覧。
  22. ^ CAST/STAFF 2nd SEASON”. TVアニメ&実写『やくならマグカップも』. 2021年8月30日閲覧。
  23. ^ 獣兵衛忍風帖”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  24. ^ 魔法陣グルグル [劇場版]”. 日本アニメーション. 2022年10月14日閲覧。
  25. ^ 小助さま 力丸さま コンペイ島の竜”. J.C.STAFF オフィシャルホームページ. ジェー・シー・スタッフ. 2023年4月2日閲覧。
  26. ^ 作品データベース タイムボカン王道復古”. タツノコプロ. 2022年11月22日閲覧。
  27. ^ BOUNTY DOG/月面のイブ”. J.C.STAFF オフィシャルホームページ. 2016年7月24日閲覧。
  28. ^ a b c 『スーパー戦隊画報』 第2巻、竹書房、2006年、247頁。ISBN 978-4812427583 
  29. ^ a b c 「録音現場訪問/限定セット品」『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー メガトロンセット解説書 PLANET OF CYBERTRON GUIDE 2』タカラ、1995年3月。 
  30. ^ 小学館「ガガガ文庫」がオーディオブック市場へ参入!”. 小学館コミック (2019年4月12日). 2019年12月25日閲覧。
  31. ^ オーディオブック第14弾、5月20日配信!!!”. 小学館ガガガ文庫. 2020年5月25日閲覧。

外部リンク 編集