メインメニューを開く

レンガ通り(レンガどおり)は、福島県福島市にある市道の福島市道本町・上町線の俗称名のひとつである。当道路の全区間が奥州街道(旧国道4号)の一部であることから、道路愛称名を『奥州街道(レンガ通り)』と並べて表記されることもある。

目次

概要編集

1車線の西から東に向かう一方通行で、車道にはバンプがあり、車速を抑制している。歩道が広く取られ、ベンチやブロンズ像などが整備されたコミュニティ道路である。

現在は「福島の兜町ウォール街)」とも言われ[要出典]、金融機関、証券会社、生命保険会社などが軒を連ねている。福島県庁にも近いことから官報を扱う書店も沿道にある。

道路起点の奥州街道(南北軸)及びパセオ470との交差点(栄町交差点東隣り)は「本町四つ角」と言われ、明治に入ってから[1]本町は福島の経済の中枢とされており「本町を制するものは福島を制する」とまで言われた[要出典]

道路終点の福島市道杉妻町・御山町線(県庁通り)との交差部には福島の道の起点にあたる「福島市道路元標」が所在する。県庁通りの一部区間もレンガ通りと同様、奥州街道に該当する。

奥州街道編集

江戸時代以前からのメインストリート「奥州街道」に該当し、現在でも道路の俗称名として現存しているため、レンガ通りと並記されることも多い。

国道国道4号)に指定されていた時期もある。明治の一時期には、レンガ通りを含む奥州街道の本町から豊田町まで東西軸を「大町通り」、昭和には「電車通り」と呼ばれていた時期もあった(ちなみに同じ奥州街道の柳町から本町まで南北軸は「柳町通り」と呼ばれていた)。かつて福島交通飯坂東線という路面電車が走っていたことから、歩道には路面電車をあしらったタイルがある。

沿線編集

西から東の順番に記載

関連項目編集