レーマン不連続面

レーマン不連続面(レーマンふれんぞくめん、: Lehmann discontinuity)は、デンマーク地震学者であるインゲ・レーマンによって発見された不連続面のことで、地球マントル内部と内部の2か所に存在する。

C: レーマン不連続面(核内部)

マントル内部編集

 
地球における地表近くの3つの構造地域での地震S波の速度のグラフ[1]

1953年からの数年間、レーマンはモーリス・ユーイングフランク・プレスと協力して地球地殻マントルを研究した際に、地表からの深さが 220±30 km の所で地震波の速さが増大することを発見した。この発見についてアメリカの地球科学者フランシス・バーチは、「レーマンの不連続性は、どの情報も完全な代替とはなりそうにない黒人芸術家による地震記録の厳密な調査を通じて発見された」と語っている[2][注 1]。レーマン不連続面は通常海の下ではなく大陸の下の方で観測される事が多く[3]、世界的平均の研究では容易にあらわれることが少ない[4]

核内部編集

地震の観測網が整備されていくと、これまでは地震波はまったく届かないと思われていたシャドーゾーンにも、弱い地震波があると観測され始める[5]。レーマンは1936年に、感度の良い地震計で地震波の反射を観測することによって外核内核の境界を発見した[6][7]。彼女が観測結果から推測した内核の半径は 1400 km で、現在広く受け入れられている 1221 km に非常に近い値だった[8][9][10]。なお、この値を地表からの深さに換算すると 5100 km となる[11]。また、レーマン面での地震波は、グーテンベルグ面と逆の屈折をして、シャドーゾーンに出る経路をとる[5]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 原文”Lehmann discontinuity was discovered through exacting scrutiny of seismic records by a master of a black art for which no amount of computerization is likely to be a complete substitute.”

出典編集

  1. ^ Figure patterned after Don L Anderson (June 18, 2007). New Theory of the Earth (2nd ed.). Cambridge University Press. p. 102, Figure 8.6. ASIN 0521849594. ISBN 0-521-84959-4. NCID BA82135490. OCLC 237894482. https://books.google.com/books?id=KB3KsIPa94sC&pg=PA102 ; Original figure attributed to Grand and Helmberger (1984)
  2. ^ Dahlmann, Jan (2005年1月23日). “Inge Lehmann og Jordens kerne” [Inge Lehmann and the core of the Earth] (デンマーク語). Ingeniøren. 2015年5月14日閲覧。
  3. ^ Lars Stixrude; Carolina Lithgow-Bertolloni (15 March 2005). “Mineralogy and elasticity of the oceanic upper mantle: Origin of the low-velocity zone”. J. Geophys. Res. 110 (B3): B03204. Bibcode2005JGRB..110.3204S. doi:10.1029/2004JB002965. オリジナルの2011-08-30時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110830060832/http://supercronopio.es.ucl.ac.uk/~crlb/RESEARCH/PAPERS/StixrudeCLB05a.pdf. "The first possible explanation is that the Lehmann is not a global feature...the Lehmann is more prevalent under continents and may be absent under all or most of the oceans." 
  4. ^ Kent C. Condie (1997). Plate tectonics and crustal evolution (4th ed.). Butterworth-Heinemann. p. 123. ASIN 0750633867. ISBN 0-7506-3386-7. NCID BA30219645. OCLC 756970289. https://books.google.com/books?id=HZrA6OQzsvgC&pg=PA123 
  5. ^ a b 山賀 進. “第二部-2- 地球の科学”. 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ Edmond A. Mathez, ed (2000). Earth: inside and Out. American Museum of Natural History 
  7. ^ Inge Lehmann: Discoverer of the Earth's Inner Core”. Web document in the Earth Inside Out Curriculum Collection. American Museum of National History (2008年). 2019年4月7日閲覧。
  8. ^ Inge Lehmann (1936). “P'”. Série A: Travaux scientfiques (Publications du Bureau central séisismologique international) 14: 87–115. 
  9. ^ Inge Lehmann (20 January 1987). “Seismology in the days of old”. Eos (Transactions American Geophysical Union) 68 (3): 33–35. doi:10.1029/EO068i003p00033-02. 
  10. ^ Bruce A. Bolt; Erik Hjortenberg (FEBRUARY 1, 1994). “Memorial essay: Inge Lehmann (1888–1993)”. Bulletin of the Seismological Society of America (obituary) 84 (1): 229–233. https://pubs.geoscienceworld.org/ssa/bssa/article/84/1/229/102592/memorial-essayinge-lehmann-1888-1993. 
  11. ^ デジタル大辞泉レーマン不連続面』 - コトバンク

関連項目編集