メインメニューを開く

大辞泉』(だいじせん)は小学館が発行する中型国語辞典

目次

歴史編集

1966年昭和41年)に企画が持ち上がった[1]1995年平成7年)の初版の発行以後、2003年までに58万部が発行された[1]

初版の発行に際しては、上代から現代までの文献にとどまらず、新聞放送などのメディアからも広く語彙を集め、約22万語を収録するに至った[2]

2012年平成24年)に発行された第二版では、初版の採録範囲に加えインターネットからも用語用例を積極的に採録したことなどにより、総項目数は約3万語増加し、約25万語となった[3]

iPhoneiPadアプリとして「デジタル大辞泉」が発売されているほか、電子辞書にも「デジタル大辞泉」が収録されている製品がある。

さらに、goo辞書コトバンクに「デジタル大辞泉」が提供されており無料で利用できる。

年表編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「大国語辞典、意外な喜び」『朝日新聞』2003年10月11日付朝刊、23面。
  2. ^ 『大辞泉 初版』編集の基本方針
  3. ^ 『大辞泉 第二版』編集の基本方針

関連項目編集

外部リンク編集