ロイ・アンドリュー・ミラー

ロイ・アンドリュー・ミラーRoy Andrew Miller1924年9月5日2014年8月22日)はアメリカ合衆国言語学者

日本語およびチベット・ビルマ語族を研究した。とくに日本語とアルタイ語族の親縁関係の研究で知られる。

生涯編集

ミラーはミネソタ州ウィノナに生まれた。第二次世界大戦中は海軍の予備軍に属し、このときに日本語を学習した。1946年にミネソタ州の Gustavus Adolphus College を卒業した後、中央情報グループ(CIAの前身)で調査研究を行った。1953年に『説文解字』に関する論文を書き、コロンビア大学の博士の学位を得た。

1953年から翌年にかけてダージリンチベット語のフィールドワークを行った。

1955年から1963年まで東京国際基督教大学で教えた。1964年から1970年までイェール大学の教授、1970年から1989年までワシントン大学の教授をつとめた。退官後は主にハワイに住んだ。

2014年にホノルルで没した[1]

主な著作編集

1950年代には主にチベット・ビルマ語族に関する論文を発表した。

ミラーは1962年に日本語の教科書『現代日本文読本』、1967年に日本語の概説書を書いている。

  • A Japanese Reader: Graded Lessons for Mastering the Written Language. C.E. Tuttle Co. (1962). 
  • The Japanese Language. University of Chicago Press. (1967). 
『日本語:歴史と構造』小黒昌一訳、三省堂、1972年。

ミラーは稲荷山古墳出土鉄剣の銘文や仏足跡歌碑など、古代日本語の資料を多く研究した。

ミラーは日本語とアルタイ諸語の親縁関係に関する著書・論文を多く発表した。はじめは同僚のサミュエル・マーティンによる共通日本・朝鮮語を利用したが、のちには日本語が特に朝鮮語と近いという考えは放棄した。

  • Japanese and the other Altaic languages. University of Chicago Press. (1971). 
『日本語とアルタイ諸語:日本語の系統を探る』西田龍雄ほか訳、大修館書店、1981年。
  • Origins of the Japanese Language: Lectures in Japan during the Academic Year 1977–78. University of Washington Press. (1980). 
『日本語の起源』村山七郎・山本啓二・下内充訳、筑摩書房、1982年。
  • Languages and History: Japanese, Korean, and Altaic. Oslo: Institute for Comparative Research in Human Culture. (1996). 

晩年には日本語や日本人に関する誤解・神話を払拭する目的を持った著作を公刊している。

  • Japan's Modern Myth: The Language and Beyond. Weatherhill. (1982). 
  • Nihongo: In Defence of Japanese. Athlone Press. (1986). 

脚注編集

  1. ^ Roy Andrew Miller”. Honolulu Star-Advertiser Obituaries (2014年9月20日). 2015年4月17日閲覧。

外部リンク編集

伝記と著作一覧