ロウバシガン (蝋嘴雁、学名:Cereopsis novaehollandiae)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種。本種1種でロウバシガン属を形成する。

ロウバシガン
Ganso ceniciento jerez.jpg
ロウバシガン
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ロウバシガン属 Cereopsis
Latham, 1801
: ロウバシガン
C. novaehollandiae
学名
Cereopsis novaehollandiae
(Latham, 1801)
和名
ロウバシガン
英名
Cape Barren Goose
Cereopsis novaehollandiae

分布編集

オーストラリア南部

形態編集

全身灰色で、嘴は緑がかった黄色、脚は薄い赤を呈す。体型は典型的なガンのそれだが、脚の作りは他のガンに比べて頑丈で太く、陸での生活に適応している。 嘴全体が蝋膜状の覆いで包まれており、これが名前の由来である。

生態編集

他のガンと異なり陸上での生活に適応している。植物食で、イネ科の植物を好んで食べる。この為、ヒツジを飼う牧場主からは牧草地を荒らす害鳥として嫌われている。非常に縄張り意識の強い鳥で、特に繁殖期には極めて廃他的になり、同族のガンはおろかヒトやウシにまで攻撃をしかける事がある。かつては肉が旨い事もあり、過剰に捕らえられて数が激減した。

Sibley分類体系上の位置編集

シブリー・アールキスト鳥類分類
ガン族 Anserini

Clements分類上の位置編集

Clements鳥類分類

保全状態評価編集

参照・注釈編集

関連項目編集

外部リンク編集