ファミリーレストラン

主にファミリー客層を想定したレストランの業態

ファミリーレストランとは、主にファミリー客層を想定したレストランの業態。モータリゼーションの進んだ米国のコーヒーショップを参考に日本で成立した業態で和製英語である[1]外食産業の一つでチェーンストアとして営業するものが多い。略称は「ファミレス」。

なお、北米等のカジュアルダイニングレストランを日本でいうファミリーレストランとして紹介するものもある[2]。国際的な統計ではクイックサービスレストラン(ファーストフード)とダイニングレストラン(フォーマル)の中間的な形態をカジュアルダイニングレストランとしている[3]、日本の統計(農林水産省「外食産業に関する基本調査結果」)の業態区分ではファーストフードとディナーレストランの中間的な形態をファミリーレストランとカジュアルレストランの2つに区分している[4]カジュアルレストラン参照)。

概要編集

ファミリーレストランは1970年代に確立されたビジネスモデルでモータリゼーションの進んだ米国の郊外に立地するコーヒーショップが参考になっている[1]。外食産業としてのファミリーレストランには、チェーンストアとして展開している、家族連れを主な対象としている、メニューに和洋中の料理を広く含むといった特徴がある[5]

ファミリーレストランは、セントラルキッチン(一次加工工場)であらかじめ原材料を半加工しておいたものを各店舗に配送し、最終的な仕上げの調理を行うことで、多くのメニューをスピーディーかつリーズナブルに提供できるようにしていることが特徴になっている[1][6]

日本の旧商業統計には、ファミリーレストランの定義について客単価が500円~2000円、料理提供時間が3分以上で、客席は80席以上あることという定義があった[5]。旧商業統計の分類によるとファミリーレストランは客単価はディナーレストランよりも低いがファーストフードよりは高く、ファーストフードよりも料理提供時間が長いものをいい、ファミリーレストランはカジュアルレストランとほぼ同じものとされていた[5]。一方、農林水産省「外食産業に関する基本調査結果」の業態区分では、来客1人あたりの消費金額が700円以上1500円未満で料理提供時間がおおよそ3分から10分のものをファミリーレストランとしており、カジュアルレストラン(料理提供時間はおおよそ3分から10分だが来客1人あたりの消費金額が1500円以上2000円未満のもの)とは区別されている[4]

特徴編集

ファミリーレストランではセントラルキッチンで複数の店舗の食材を集中調理し、各店舗では配送されたものに最終的な仕上げの調理だけを行うことで食材の仕入れと調理を合理化している[1]。セントラルキッチンから配送され、店内の店舗の冷蔵・冷凍室にストックされた料理を、各店舗で湯煎や電子レンジオーブンで暖める・焼くなどして加熱し、彩りの野菜などを添えて食器に盛り付け、料理の最終的な仕上げを行って客に提供する。

セントラルキッチンで同じ製法で一括調理することにより、店舗立地が違っても同じ味の料理を提供することが可能となる。客にとっては、どこの店舗に入っても当たり外れがなく同じ味を楽しめるという利便性を与える。商業面では、調理作業と食材仕入れの効率化、味や品質の一定化が図れる。店舗には本格的な調理厨房が不要となるため敷地面積を最大限に活用することができる。また専門技術を持った料理人を雇用する必要もなく、店舗スタッフはマニュアルに従って配膳すればよいため、アルバイトなど非正規雇用の従業員で店舗運営を行うことが可能となる。商品コストや人件費をコストを低減し、品質を均一化した料理を大量供給することで、客単価を下げても利益を上げることができる。

歴史編集

東京都で創業したすかいらーくが、1970年7月7日に1号店の国立店(ガスト国立店として現存[7])を開業したのが先駆けである[8](店舗名は「国立店」だが所在地は府中市[7])。

続いて福岡県で創業したロイヤルが、1971年12月にロイヤルホスト1号店として北九州市黒崎店を開業した[9][10](カウボーイ家族青山店として現存[11])。

1973年にはイトーヨーカ堂アメリカデニーズ社と提携して株式会社デニーズジャパンを設立し[12]、翌1974年に1号店を横浜市のイトーヨーカドー上大岡店1階に開業した(イトーヨーカドー上大岡店の改築に伴い閉店)[13][14]

また同1973年に千葉県市川市で創業したサイゼリヤが、1977年12月よりチェーン展開を開始し[15]、低価格路線で急速に店舗を増やした。本八幡駅北口の1号店は「サイゼリヤ1号店教育記念館」として保存されている[16][17]

ゼンショー吉野家ホールディングスなど、牛丼チェーン店から始まった企業もファミリーレストランに参入している。

主なファミリーレストラン編集

グループ展開するチェーン編集

広域展開するチェーン編集

ローカルチェーン編集

過去に存在したチェーン編集

中国での展開編集

2000年代以降、中国では改革開放が進み、日本のファミリーレストランチェーンも多く進出した[20]。しかし、ほとんどのファミリーレストランチェーンは順調には展開できなかった[21]。その背景には、ファミリーレストランの主力メニューのハンバーグについて中国では挽肉に対してネガティブなイメージが持たれていたこと[21]、メニュー構成は多様であったが炭水化物の多い主食がほとんどで冷菜や熱菜(肉や魚、野菜を加熱したもの)から注文する中国の外食の習慣に合わなかったこと、中国では食の西洋化があまり進んでいなかったことがあるといわれている[22]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 上岡章男「「食こそ命」への道程」 一般社団法人日本エレクトロヒートセンター(2021年8月20日閲覧)
  2. ^ TABIZINE「【ランキング】アメリカ人10万人に聞いた、 外食グルメトレンド2017」 TABIZINE(2021年8月20日閲覧)
  3. ^ ニールセン「食品の成分と消費者の心理 世界の原材料と外食の傾向」 (2021年8月20日閲覧)
  4. ^ a b 農林水産省「外食産業に関する基本調査結果」 農林水産省総合食料局(2021年8月20日閲覧)
  5. ^ a b c 井上尚美、西崎雅仁「ファミリーレストランの市場の変化と経営的視座に関する研究」 福井県立大学(2021年8月20日閲覧)
  6. ^ 藤岡久士「中国で日本のファミレス死屍累々の中、サイゼリヤ一人勝ちの理由」 DIAMOND online(2017年10月23日)p.1
  7. ^ a b 店舗検索 - ガスト国立店”. すかいらーくグループ. 2020年3月22日閲覧。
  8. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “すかいらーく創業 担保代わりの生命保険1億円|出世ナビ|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年3月22日閲覧。
  9. ^ 沿革 | 企業情報”. ロイヤルホールディングス株式会社. 2020年5月3日閲覧。
  10. ^ ちょっと見てきて:ロイヤルホスト1号店 (黒崎店→現青山店)”. デイリーポータルZ. 2020年5月3日閲覧。
  11. ^ カウボーイ家族青山店”. カウボーイ家族. 2020年5月3日閲覧。
  12. ^ 伊藤雅俊「消費者が見える経営に戻りたい」長い沈黙を破って姿を現したヨーカ堂創業者(1996年掲載)” (日本語). 日経ビジネス電子版 (2017年1月13日). 2020年5月3日閲覧。
  13. ^ 国内1号店のデニーズ上大岡店が3月20日で閉店するってホント!?”. はまれぽ.com (2017年3月18日). 2020年5月3日閲覧。
  14. ^ イトーヨーカドー上大岡店(仮称)、2019年4月開業 旧店舗跡に” (日本語). 都市商業研究所 (2018年10月1日). 2020年5月3日閲覧。
  15. ^ 沿革|企業情報”. サイゼリヤ. 2020年5月3日閲覧。
  16. ^ 1967年開業「サイゼリヤ1号店」のいま 閉店後はファンが支え「教育記念館」に” (日本語). J-CAST トレンド (2019年5月30日). 2020年5月3日閲覧。
  17. ^ サイゼリヤ1号店で20年モノのサイゼリヤワインを飲む” (日本語). ねとらぼ (2019年6月29日). 2020年5月3日閲覧。
  18. ^ ひばりヶ丘店ファミリーレストラン CASA 西友ひばりヶ丘店(カーサ)” (日本語). ひばりヶ丘店ファミリーレストラン CASA 西友ひばりヶ丘店(カーサ). 2020年5月3日閲覧。
  19. ^ 河辺ファミリーレストラン CASA 西友河辺店(カーサ)” (日本語). 河辺ファミリーレストラン CASA 西友河辺店(カーサ). 2020年5月3日閲覧。
  20. ^ 藤岡久士「中国で日本のファミレス死屍累々の中、サイゼリヤ一人勝ちの理由」 DIAMOND online(2017年10月23日)p.2
  21. ^ a b 藤岡久士「中国で日本のファミレス死屍累々の中、サイゼリヤ一人勝ちの理由」 DIAMOND online(2017年10月23日)p.3
  22. ^ 藤岡久士「中国で日本のファミレス死屍累々の中、サイゼリヤ一人勝ちの理由」 DIAMOND online(2017年10月23日)p.4

関連項目編集

外部リンク編集