ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について

ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について』(ロシアじんとウクライナじんのれきしてきいったいせいについて、ロシア語: Об историческом единстве русских и украинцевウクライナ語: Про історичну єдність росіян та українців、On the Historical Unity of Russians and Ukrainians)は、ロシア・ウクライナ危機 (2021年-2022年)の第一段階が終了した直後の、2021年7月12日に発表されたウラジーミル・プーチンによる論文。論文の中で、プーチンはウクライナウクライナ人についての見解を説明している[1]

ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について
著者 ウラジーミル・プーチン
発行日 2021年7月12日
ロシアの旗 ロシア
言語 英語ロシア語ウクライナ語
形態 記事
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

RBKデイリーによると、この論文はロシア連邦軍が学ぶ義務のある作品のリストに掲載されている[2]

内容編集

論文の中で、プーチンは、ロシア人ウクライナ人は、ベラルーシ人と共に、歴史的に三位一体のロシア民族として知られている民族の一つであると主張している[3]。この主張を補強するために、プーチンはロシアとウクライナの歴史についての自身の見解を詳細に説明し[4]、ロシア人とウクライナ人は共通の遺産と運命を共有していると結論付けている[5]

この論文は、独立国家としてのウクライナの存在を否定している[6]。ウクライナには多数のロシア人がいることに着目し、プーチンは「ロシアに対して攻撃的な、民族的に純粋なウクライナ国家の形成」をロシア人に対する大量破壊兵器の使用と比較している[7]

プーチンは、ウクライナの現代の国境の正当性に公然と疑問を投げかけている[8]。プーチンによれば、現代のウクライナは歴史的なロシアの土地を占領しており[8]、17世紀以来の、外部の力によって計画された「反ロシアプロジェクト」であり、ソビエト連邦の間に行われた行政的および政治的決定である[3]。彼はまた、「キエフは単にドンバスを必要としない」と主張して、ドンバス戦争について論じている[9]

プーチンは、現在の危機を外国の陰謀と反ロシアの陰謀として非難している[8]。プーチンによれば、ウクライナ政府の決定は、ロシアに対する西側の計画と「バンデーラの信奉者」によって推進されている[10]

プーチンは、現代のウクライナ問題におけるロシアの役割を主張し、長い論文を結ぶ[8]

その後編集

数ヶ月後、ロシア連邦安全保障会議の副議長であるドミートリー・メドヴェージェフもウクライナに関する記事を発表した。その中で、彼はプーチンの論文に同意し、ウクライナ政府が交代するまでウクライナとの交渉は行われないと宣言している[11]。クレムリンによって承認されたこの記事は、その軽蔑的で反ユダヤ主義的な口調で批判された[12][13]

プーチンのアドバイザー(2013年-2020年)であるウラジスラフ・スルコフも、ウクライナと他の旧ソ連諸国に関する記事を発表した。記事の中で、彼はロシアの西側国境(ウクライナとバルト三国の国境を含む)の正当性に疑問を呈し、ロシアは国境に閉じ込められたままにする「邪悪な平和」を廃止すべきだと主張している[14][15]

反応編集

ウクライナの大統領であるウォロディミル・ゼレンスキーは、この論文を批判し、プーチンの国家間の兄弟愛に関する見解をカインとアベルの物語と比較した[16]。元大統領のペトロ・ポロシェンコもこの論文を強く批判し、アドルフ・ヒトラーズデーテン地方の演説に対応するものだと述べた[17]

参考文献編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Shlapentokh, Dmitry (2021年9月8日). “Putin and Ukraine: Power and the construction of history” (英語). Institute of Modern Russia. 2022年2月6日閲覧。
  2. ^ Шойгу обязал военных изучить статью Путина об Украине” (ロシア語). РБК. 2022年2月6日閲覧。
  3. ^ a b Wilson, Andrew (2021年12月23日). “Russia and Ukraine: 'One People' as Putin Claims?”. RUSI. 2022年1月25日閲覧。
  4. ^ Ukrainian World Congress President Fears "Full Invasion of Ukraine" - KyivPost - Ukraine's Global Voice”. KyivPost (2021年12月13日). 2022年2月6日閲覧。
  5. ^ Tolliver, Sandy (2021年8月9日). “America's ability and will to meet worldwide obligations is eroding rapidly” (英語). TheHill. 2022年2月6日閲覧。
  6. ^ Heydarian, Richard Javad (2022年2月4日). “Why Taiwan is not the next Ukraine” (英語). Asia Times. 2022年2月6日閲覧。
  7. ^ Putin's Ukraine rhetoric driven by distorted view of neighbour” (英語). the Guardian (2021年12月7日). 2022年2月6日閲覧。
  8. ^ a b c d Putin's new Ukraine essay reveals imperial ambitions” (英語). Atlantic Council (2021年7月15日). 2022年2月6日閲覧。
  9. ^ Snegovaya, Maria. “Why Is Putin Acting Now?”. 2022年2月6日閲覧。
  10. ^ Vladimir Putin's Ukraine Obsesssion” (英語). The Globe Post (2022年2月1日). 2022年2月6日閲覧。
  11. ^ Почему бессмысленны контакты с нынешним украинским руководством” (ロシア語). www.kommersant.ru (2021年10月11日). 2022年2月6日閲覧。
  12. ^ Blank, Stephen (2021年11月18日). “Russia Plays the Antisemitic Card in Ukraine” (英語). Center for European Policy Analysis. 2022年3月4日閲覧。
  13. ^ Stanley, Jason (2022年2月26日). “The antisemitism animating Putin’s claim to ‘denazify’ Ukraine” (英語). the Guardian. 2022年3月4日閲覧。
  14. ^ Сурков заявил, что России тесно в границах "похабного" Брестского мира” (ロシア語). Interfax.ru. 2022年2月22日閲覧。
  15. ^ Туманное будущее похабного мира” (2022年2月15日). 2022年2月22日閲覧。
  16. ^ Зеленский прокомментировал статью Путина” (ロシア語). Украинская правда. 2022年2月6日閲覧。
  17. ^ Статья Путина не об истории. Это — политический манифест с угрозами соседям” (ロシア語). 20 хвилин Украина - Новости Украины. 2022年2月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集