ロジェ・デュブイ

ロジェ・デュブイ

  1. スイスの時計師(Roger Dubuis
  2. 時計師ロジェ・デュブイがオーナーのカルロス・ディアス(Carlos Dias )とともにスイスのジュネーブに設立した腕時計メーカー(Manufacture Roger Dubuis SA

である。リシュモングループの傘下にある。

歴史編集

  • 1953年 - 時計師ロジェ・デュブイがジュネーブ時計学校に入学、卒業後ロンジンで数年勤務後、パテック・フィリップへ移籍。
  • 1980年 - ロジェ・デュブイが自身の時計工房を開いた。
  • 1995年 - カルロス・ディアスとロジェ・デュブイにより"Soclété Genevolse des Montres"が設立される。
  • 1996年 - ロジェ・デュブイとしてオマージュを発表。全数ジュネーブ・シールの認定を受け、ブザンソン天文台で検定を受け、全モデルが28本に限定されるなど製造手法が特異であり、往年のパテック・フィリップ様の非常にオーソドックスで高品質の時計として注目を浴びた。この年シンパシーも発表。
  • 1998年 - マッチモア発表。
  • 2000年 - トゥー・マッチ発表。
  • 2002年 - ゴールデン・スクエア発表。
  • 2003年 - フォローミー発表。
  • 2004年 - アクアマーレ、イージー・ダイバー、シーモア発表。
  • 2005年 - エクスカリバー発表。
  • 2006年 - 6つの自社製ムーブメントを発表。
  • 2007年 - リシュモングループがムーブメント製作部門へ資本参加。
  • 2008年 - リシュモングループに全部門の株式を売却。コレクションの整理と共に、すべての商品を限定製造から常時製造へ変更。
  • 2011年 - モネガスクを発表。販売店を全世界200店舗に絞る。
  • 2012年 - 創業者であるロジェ・デュブイが顧問として復帰
  • 2013年 - パルジョンとベルベットを発表すると共にオマージュを復活させる。現在のラインナップはエクスカリバー、モネガスク、パルジョン、ベルベット、オマージュの5つとなっている。

外部リンク編集