メインメニューを開く

ロジャー・スカーレット(Roger Scarlett)は、アメリカ合衆国推理作家。ドロシー・ブレア(Drothy Blair、1903年 - 1976年?)とイヴリン・ペイジ(Evelyn Page、1902年 - 1977年)という女性二人の合同ペンネーム

1930年、ダブルデー社より『ビーコン街の殺人』でデビュー。

作品編集

推理小説編集

  • ビーコン街の殺人 The Beacon Hill Murders (1930)
  • 白魔 Back-Bay Murder Mystery (1930)
    • 論創社 論創海外ミステリ156、2015年、板垣節子訳
  • 猫の手 Cat's Paw (1931)
    • 新樹社 エラリー・クイーンのライヴァルたち4、2000年、村上和久
  • エンジェル家の殺人 Murder Among the Angells (1932)

   江戸川乱歩はこの作品を『三角館の恐怖』(1951年)として翻案している[1]

  • ローリング邸の殺人 In the First Degree (1933)
    • 論創社 論創海外ミステリ34、2005年、板垣節子訳

ペイジ単独作品編集

  • The Chestnut Tree (1964)
  • American Genesis (1973)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 論創社「ビーコン街の殺人」解説