メインメニューを開く

ロックアウト (2012年の映画)

2012年の映画

ロックアウト』 (Lockout) は、2012年フランスで製作されたSFアクション映画

ロックアウト
Lockout
監督 スティーヴン・セイント・レジャー
ジェームズ・マザー
脚本 スティーヴン・セイント・レジャー
ジェームズ・マザー
リュック・ベッソン
製作 リュック・ベッソン
マルク・リベール
ライラ・スミス
出演者 ガイ・ピアース
マギー・グレイス
ヴィンセント・リーガン
ジョセフ・ギルガン
レニー・ジェームズ
ピーター・ストーメア
音楽 アレクサンドル・アザリア
撮影 ジェームズ・マザー
編集 カミーユ・ドゥラマーレ
イーモン・パワー
製作会社 ヨーロッパ・コープ
Canal+
Ciné+
配給 アメリカ合衆国の旗 オープン・ロード・フィルムズ/フィルム・ディストリクト
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年4月13日
フランスの旗 2012年4月18日
日本の旗 2012年11月23日
上映時間 95分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $32,204,030[1]
アメリカ合衆国の旗 $14,326,864[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

西暦2079年。地球より少し離れた宇宙空間には、実験的に作られた刑務所「MS-1」が存在していた。500人にも及ぶ凶悪な囚人たちをコールドスリープの技術を用いて収監しているこの刑務所では、厳重な警備体制により未だ脱獄した者がいなかった。

そんなある日、「MS-1」にアメリカ合衆国大統領の娘であるエミリーが、「囚人たちが宇宙開拓のために人体実験されている」という疑惑を追及する目的で視察に訪れる。エミリーが囚人の1人であるハイデルと面談していると、彼はエミリーのSPホックの銃を奪い逃亡し、囚人たちのコールドスリープを解除する。「MS-1」は短時間で囚人たちに占拠され、エミリーと所員たちは人質に取られてしまう。

この状況を重く見たNSA長官ラングラルは、ある男にエミリーの救出を依頼する。「スノー」と呼ばれる彼は凄腕のCIAエージェントであったが、CIA局長を殺害したという冤罪をかけられ、「MS-1」で懲役30年の実刑を受ける予定になっていた。スノーは依頼を断固拒否するが、同僚のハリーから「MS-1」に自分の無実を証明できる相棒メースが収監されていることを知ると渋々依頼を引き受け、単身で「MS-1」に乗り込む。

ラングラルは低軌道警察署から指揮を執り、ハイデルの兄で囚人グループのリーダーであるアレックスと人質交渉を行いエミリーを解放させようとするが、彼女に執着するハイデルの妨害で失敗し、さらにスノーの潜入が露見してしまう。スノーは囚人たちを倒しながらエミリーの元に向かうが、彼女はホックと共に一室に立て籠もってしまう。二人はそこで救助を待つつもりだったが、誤作動で室内に窒素が充満して命の危険に陥り、ホックはエミリーの酸素を確保するため自殺してしまう。

エミリーが仮死状態に陥った直後にスノーが到着し、彼女を蘇生させて二人で脱出ポッドへ向かう。その途中、スノーはメースを見付けて無実を証明するケースの隠し場所を尋ねるが、彼はコールドスリープの後遺症で痴呆症になっていた。二人はメースを連れて囚人たちから逃げ回るが、メースは逃げ遅れて死んでしまう。相棒の死を悲しむスノーだったが、彼は無事にエミリーを脱出ポッドに乗せて「MS-1」から脱出させる。

しかし、エミリーは所員たちを助けるために「MS-1」に残り、スノーと共に所員の救出に向かう。ハイデルは放送で「人質を殺す」と脅してエミリーから居場所を聞き出し、人質を全員殺してエミリーの元に向かおうとする。ショックを受けたエミリーを連れてスノーは逃げるが、アレックスに見付かり連行される。

同じころ、エンジニアが殺された「MS-1」は重力バランスを制御できなくなり、地球に落下を始める。ラングラルは地球に墜落する前に「MS-1」を破壊しようと考えるが、それを知ったアレックスは、エミリーを利用して大統領に攻撃中止を命令させようとするが、エミリーは父に「このまま攻撃して」と伝える。大統領はエミリーがいるため攻撃を止めようとするが、それを見たラングラルはアメリカ合衆国憲法修正第25条を根拠に大統領権限を剥奪し、攻撃を命令する。

アレックスは再度の交渉を試みようとするがハイデルに殺され、彼はエミリーを襲おうとする。そこにスノーが現れてハイデルを殴り倒し、エミリーを連れて宇宙に脱出する。激怒したハイデルと囚人たちが追いかけてくるが、彼らは攻撃隊が仕掛けた爆弾により「MS-1」ごと爆死する。スノーはエミリーと共に無事に地球へと帰還するが、再び逮捕されてしまう。

しかし、死ぬ直前のメースの言葉を元にエミリーがケースを見付け出し、局長殺しの真犯人がハリーであることが判明する。彼は逮捕され、スノーは釈放される。そして、スノーは出迎えたエミリーと共に刑務所を去っていく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

盗用問題編集

2016年7月29日には、本作に1981年アメリカ映画ニューヨーク1997』から盗用した部分があるとして、パリ控訴院英語版高裁)が45万ユーロ(約5100万円)の支払いをリュック・ベッソン側に命じたことが報じられた[2]

出典編集

外部リンク編集