メインメニューを開く

ロッタレイン』は、松本剛による日本漫画小学館の雑誌『月刊IKKI』において連載が開始された。その後、同誌の休刊にともない掲載誌を小学館の『ヒバナ』に移し、2017年6月号で完結した。

漫画:ロッタレイン
作者 松本剛
出版社 小学館
掲載誌 月刊IKKIヒバナ
発表号 月刊IKKI:2014年6月号 - 2014年9月号
ヒバナ:2015年4月号 - 2017年6月号
話数 全30話
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

あらすじ編集

母を亡くした玉井一は、心の拠り所であった恋人の浮気現場を目撃する。しかも日頃自分を追い詰める上司が相手。混乱した一は業務中に運転するバスで事故を起こし、大怪我を負ってしまう。全てを失った一の病室にやってきたのは、14年前家族を捨て女の元へ去った父と、初めて会う、血の繋がらない妹・山口初穂。「一緒に暮らそう」と言う父とは裏腹に、強い敵意を表す初穂。複雑な想いを抱えたまま、行き場のない一は父と共に新潟県長岡市へ向かう。

登場人物編集

玉井一
本作の主人公。30歳。バスの運転手をしていたが、事故を起こし退職。東京に戻ろうと考えている。
山口初穂
本作のヒロイン。美子の連れ子。13歳の中学1年生。二号宅と後ろ指をさされながらも、必死に「家族」への強い想いを保とうとする。父のいないところでは、一に強い敵意を見せ、厳しい態度を取る。
玉井貴澄
一の実父。高校受験を翌年に控える一と妻の元から去ったが、一の怪我を知り迎えに現れる。家族で暮らせることを喜んでいるが、体調があまりよくない。
山口美子
入籍のまま14年間、貴澄と暮らす。彼と出会ったときには初穂を身篭っていた。一を気遣う。
山口澄也
初穂の弟。姉から溺愛されている。貴澄と美子の実子。
奥野
初穂に想いを寄せるクラスメイト。
小出蛍子
近所のコンビニの店員。一に気を遣い仕事を紹介してくれた。