メインメニューを開く

ロトカス語(ロトカスご、: Rotokas)とはパプアニューギニアブーゲンビル島中部で話されている言語である。

ロトカス語
話される国 パプアニューギニアの旗 パプアニューギニア
地域 ブーゲンビル島中部
話者数 6千人[1]、4千320人(1981年)[2]
言語系統
西(もしくは北)ブーゲンヴィル
  • ロトカス語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 roo
テンプレートを表示

目次

分類編集

上位分類はパプア諸語・東パプア言語門・ブーゲンヴィル言語亜門・西ブーゲンヴィル言語系のロトカスとされていたり[1][3]北ブーゲンヴィル諸語英語版のロトカス諸語とされていたり[2][4]とばらつきが見られるものの、いずれの資料においてもクヌア語英語版ケリアカ語英語版と近い関係にあるという点については共通している。

音韻論編集

認識される音素数は子音母音合わせても11個と、ピダハン語と並び世界の言語全体の中でも最も少ない部類に入る[5]

子音編集

音素として認識されるのはアルファベットで表すとp, t, k, b, d, gとなる六種類の音である。これは世界の言語全体の中でも最も少ない部類に入るが、実際には語中のどの位置にあるかにより異なる発音として聞き取られ得る[6]

母音編集

音素として認識されるのは/i//e//a//o//u/の五種類である[5]

文法編集

形態論編集

統語論編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 崎山(1996:37)。
  2. ^ a b Lewis et al. (2015).
  3. ^ アシャーら(2000)。
  4. ^ Hammarström et al. (2016).
  5. ^ a b 世界の文字”. 2016年7月13日閲覧。
  6. ^ Maddieson (2013).

参考文献編集

  • R. E. アシャー、クリストファー・マーズレイ 編、土田滋、福井勝義 日本語版監修、福井正子 翻訳『世界民族言語地図』東洋書林、2000年。ISBN 4-88721-399-9
  • Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Rotokas”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/roto1249. 
  • Rotokas. In Lewis, M. Paul, Gary F. Simons, & Charles D. Fennig, eds. (2015). Ethnologue: Languages of the World (18th ed.). Dallas, Texas: SIL International.
  • Maddieson, Ian (2013) "Consonant Inventories". In: Dryer, Matthew S.; Haspelmath, Martin, eds. The World Atlas of Language Structures Online. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology. http://wals.info/. 
  • 崎山理「複合的な言語状況」 秋道智彌関根久雄田井竜一 編『ソロモン諸島の生活誌—文化・歴史・社会』明石書店、36–48頁。ISBN 4-7503-0795-5

外部リンク編集