ロバート・ジェンキンソン (第4代準男爵)

第4代準男爵サー・ロバート・バンクス・ジェンキンソン英語: Sir Robert Bankes Jenkinson, 4th Baronet1687年1月24日洗礼 – 1738年7月2日)は、イギリスの政治家。1717年から1727年まで庶民院議員を務めた[1]

生涯編集

第2代準男爵サー・ロバート・ジェンキンソン英語版(1655年頃 – 1710年1月30日)とサラ・トムリンズ(Sarah Tomlins、1709年8月8日没、トマス・トムリンズの娘)の次男として生まれ、1687年1月24日にチャールベリー英語版で洗礼を受けた[1]。1703年2月18日にオックスフォード大学トリニティ・カレッジに入学、1705年にリンカーン法曹院に入学した後[2]、1713年に弁護士資格免許を取得した[3]

1717年10月29日に兄ロバート英語版が死去すると、準男爵位を継承した[1]。また、兄の死によりオックスフォードシャー選挙区英語版の議席が空位になり、12月4日に補欠選挙が行われることとなったが、ジェンキンソンがトーリー党の候補として挙げられたのに対し、サー・ジョン・ドイリー(Sir John D'Oyly)がホイッグ党の候補として挙げられた[4]。しかし、オックスフォードシャー選挙区ではトーリー党の勢力が強く、ドイリーがマールバラ公爵夫人サラ・チャーチル(ホイッグ党の重鎮)の支持を得ていても勝ち目が薄く、結局ドイリーは立候補を取りやめ、ジェンキンソンは無投票当選した[4]。議会ではトーリー党員として政府に反対し、1722年イギリス総選挙で無投票で再選したが、1727年イギリス総選挙には立候補しなかった[3]

1718年6月12日[3]、キャサリン・ダッシュウッド(Catherine Dashwood、1780年3月24日埋葬、初代準男爵サー・ロバート・ダッシュウッド英語版の娘)と結婚[1]、2男2女をもうけた[3]

  • ロバート(1720年 – 1766年) - 第5代準男爵、子供なし
  • バンクス(1721年 – 1790年) - 第6代準男爵、生涯未婚

1738年7月2日にオックスフォードで病死[3]、6日にチャールベリーで埋葬された[1]。長男ロバートが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward, ed. (1903). The Complete Baronetage. 3. Exeter: William Pollard & Co. pp. 197–198.
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Jablonski-Juxston. Alumni Oxonienses 1500-1714 (英語). Oxford: University of Oxford. pp. 793–836.
  3. ^ a b c d e Cruickshanks, Eveline (1970). "JENKINSON, Sir Robert Bankes, 4th Bt. (1687-1738), of Walcot, Oxon. and Hawkesbury, Glos.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年12月7日閲覧
  4. ^ a b Cruickshanks, Eveline (1970). "Oxfordshire". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年12月7日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・ロバート・ジェンキンソン準男爵英語版
ジェームズ・ハーバート
庶民院議員(オックスフォードシャー選挙区英語版選出)
1717年 – 1727年
同職:ジェームズ・ハーバート 1717年 – 1721年
ヘンリー・ペロット英語版 1721年 – 1727年
次代:
サー・ウィリアム・ステイプルトン準男爵英語版
ヘンリー・ペロット英語版
イングランドの準男爵
先代:
ロバート・ジェンキンソン英語版
(ウォルコットとホークスベリーの)準男爵
1717年 – 1738年
次代:
ロバート・ジェンキンソン