メインメニューを開く

ロバート・ワイマント(Robert Whymant, 1944年11月29日 - 2004年12月26日)は、イギリス作家記者。記者であった時期はガーディアンタイムズ及びデイリー・テレグラフのために働いていた。

ワイマントはルートンで生まれ、後にケンブリッジ大学に入学し、そこで東洋の言語を研究している。ワイマントは後に日本に渡り、1972年主要ないくつかの新聞社への寄稿を始めた。オーストラリアの新聞にも寄稿し、また東京では早稲田大学において講義も行っていた。

1996年、ワイマントはドイツ人スパイであったリヒャルト・ゾルゲについての著書Stalin’s Spy: Richard Sorge and the Tokyo Ringを著した。その本を著す前にゾルゲの研究に20年を費やしている。

死亡編集

ワイマントが60歳の頃、スリランカで休暇を過ごしている時に亡くなった。ワイマントは2004年12月26日スマトラ島沖地震の際に津波にさらわれた。

著作編集

外部リンク編集