ロベール・オプロン

ロベール・オプロンRobert Opron1932年2月22日 - )は、フランスの自動車デザイナーである。

1960年代から1974年のプジョーとの合併まではシトロエン、以後2000年まではルノーに在籍し、多くの個性的な作品を残した。主な作品にはシトロエン・DSの1967年のマイナーチェンジシトロエン・SMGSシトロエン・CXルノー・フエゴ25アルピーヌA310 V6(1976年のマイナーチェンジを担当)がある。

1999年に米国で行われたカー・デザイナー・オブ・ザ・センチュリーアワードコンテストにも20世紀の代表的なカーデザイナー25人中の1人としてノミネートされた。