メインメニューを開く

ルノー 25Renault 25 、ヴァンサンク)は、フランスの自動車会社ルノーが製造したハッチバック型の乗用車である。

ルノー・25
フェーズ I
Renault25ts.jpg
フェーズ II
Renault 25 greybraun vl.jpg
販売期間 1983年 - 1992年
乗車定員 5名[1]
ボディタイプ 5ドアハッチバック/リムジン
駆動方式 FF
変速機 5速MT[2]/3速AT[3]
サスペンション 前 ダブルウィッシュボーン
後 マクファーソンストラット[4]
全長 4,640mm[5]
全幅 1,770mm[6]
全高 1,400mm[7]
ホイールベース 2,725mm[8]
車両重量 1,290kg[9]
先代 ルノー・20および30
後継 ルノー・サフラン
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

目次

概要編集

1983年11月[10]にルノーの最高級車20、および30の後継型として発売された。シートを本革であつらえ、専用スーツケースを備えた高級バージョンの「バカラ」(Baccara[11]も用意されるなど、名実ともにフランスの最高級車であった。空気抵抗はCd値0.28と極めて低い[12]。加えてこの数値は、当時最新の凹凸を極限まで抑えたフラッシュサーフェイスボディの成果で、アウディ・100を凌ぐ[13]

後席スペース拡大のためホイールベースを227mm延長したリムジン(Limousine )も生産され、標準車と同様の後席の他、2人がけ電動リクライニングシートの設定があった。これらは当時のフランス大統領専用車(フランソワ・ミッテラン大統領時代)や駐日フランス特命全権大使公用車としても採用された。

1988年に外装を中心に大規模な変更を受けてフェーズIIとなったが1992年に生産を終了、後継モデルのサフランに引き継がれた。

エンジン編集

   
フェーズI J7T型
フェーズII J7R型

駆動方式は縦置きFFのみで、前からエンジン、デフトランスミッションと並び、エンジンがフロントオーバーハングにかかるレイアウトを採る。

フェーズIでは、ルノー、プジョー、ボルボが共同開発したPRVエンジンのZ7V型V型6気筒SOHCボアφ88.0×ストローク73.0mmで2,664cc、インジェクション[14][15]で144PS/5,500rpm、22.4kgm/3,00rpm[16]を筆頭に、直列4気筒J7T型2,165cc123PS[17]とJ6R型1,995cc103PS[18]ガソリンエンジンと、J8S型4気筒2,068cc64PS[19]自然吸気ターボ付きのディーゼルエンジンがラインナップされ、1985年アルピーヌ GTA V6ターボ用とほぼ共通のV型6気筒・2.5L(Z7U型2,458cc)ガソリンターボが追加された。

V型6気筒モデルで1985年のデータでは最高速201km/h、0-100km/h10秒[20]、1986年のデータでは最高速196km/h、0-100km/h11.3秒[21]

フェーズIIではV6がZ7W型2,849ccに変更、自然吸気のディーゼルが廃止され、1989年に直列4気筒1,995ccガソリンエンジンが12バルブのJ7R型120PSに切り替わった。

ボディ編集

 
フェーズIIバカラ
 
フェーズIIバカラのインテリア

ボディサイズは全長4,650mm×全幅1,770mm×全高1,405mm、ホイールベース2,725mm(リムジンを除く)、1,290kg(2,664cc、V6)。ボディ形状はこの車格では珍しく5ドアのハッチバックのみであった。これはルノー 16に始まり、20および30から引き継がれたもので、後継モデルのサフラン、ヴェルサティスも同じであることから、ルノー製高級車の伝統と言える。

内装はマルチェロ・ガンディーニスタイリングしており、ダッシュボードの特徴的な造形が目を引く。

日本への輸入編集

当時のインポーターであったジヤクス・カーセールス(JAX)により、1984年夏にV型6気筒エンジンを搭載した25V6iが3ATの仕様で導入された。

フェーズIIへの移行は1989年式からで、V型6気筒エンジンを搭載した25V6iと、2,165ccの直列4気筒エンジンを搭載した25GTXが輸入された。

1990年から25バカラが輸入された。

関連モデル編集

 
ダッジ・モナコ
1990 - 1992

アメリカでは当時ルノーと提携していたクライスラーから、ジョルジェット・ジウジアーロのスタイリングによって寸法を拡大し、4ドアボディにモディファイされたモデルがカナダアメリカン・モーターズ(AMC)の工場で生産され、イーグル・プレミア及びダッジ・モナコの名で販売された。

脚注編集

  1. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.217。
  2. ^ 『外国車ガイドブック1988』p.164
  3. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.217。
  4. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.205。
  5. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.204。
  6. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.204。
  7. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.204。
  8. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.204。
  9. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.204。
  10. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.173。
  11. ^ ガラスメーカーのバカラBaccarat )とは無関係。
  12. ^ 『外国車ガイドブック1985』p.167。
  13. ^ 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. (2013). pp. 65. ISBN 9784779617232. 
  14. ^ 『外国車ガイドブック1985』p.167は自社製ルニックスとする。
  15. ^ 『外国車ガイドブック1986』p.211、『外国車ガイドブック1987』p.173、『外国車ガイドブック1988』p.197はボッシュ製Kジェトロニックとする。
  16. ^ 『外国車ガイドブック1987』p.204。
  17. ^ 『外国車ガイドブック1986』p.165。
  18. ^ 『外国車ガイドブック1986』p.165。
  19. ^ 『外国車ガイドブック1986』p.165。
  20. ^ 『外国車ガイドブック1985』p.167。
  21. ^ 『外国車ガイドブック1986』p.165。

関連事項編集

外部リンク編集

参考文献編集

  • 『外国車ガイドブック1984』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1985』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1986』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1987』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1988』日刊自動車新聞社
  • 『外国車ガイドブック1989』日刊自動車新聞社
  • 『輸入車ガイドブック1990』日刊自動車新聞社
  • 『輸入車ガイドブック1991』日刊自動車新聞社
  • 『輸入車ガイドブック1992』日刊自動車新聞社
  • 『輸入車ガイドブック1993』日刊自動車新聞社
  • 『輸入車ガイドブック1994』日刊自動車新聞社
ルノー ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8
コンパクト トゥインゴ トゥインゴII トゥインゴIII
5/7 シュペール5 クリオI クリオII クリオIII クリオIV
シンボルI シンボルII
モデュス
カングー
カングーII
14 9/11 19 メガーヌI メガーヌII メガーヌIII メガーヌIV
フルエンス メガーヌIVセダン
パルス
スカラI スカラII
ミドル 18 21 ラグナI ラグナII ラグナIII
20/30 25 サフラン ヴェルサティス ラティテュード/サフラン
アッパー タリスマン(中国向け)
タリスマン
ミニバン セニックI セニックII セニックIII セニックIV
エスパスI エスパスII エスパスIII エスパスIV エスパスV
クーペ フエゴ アヴァンタイム ラグナクーペ
オープン ウインド
SUV キャプチャー
カジャー
コレオス コレオスII
ピックアップトラック アラスカン
アルピーヌ/ルノースポール A310 V6 A610 スパイダー A110(2017)