メインメニューを開く

シトロエン (Citroën)は、フランスの大手自動車メーカー。現在はPSA・プジョーシトロエン・グループの一企業である。

シトロエン S.A.
Citroën S.A.
Citroen logo.png
種類 株式会社
略称 シトロエン
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリ
設立 1919年
業種 輸送用機器
事業内容 自動車メーカー
主要株主 PSA・プジョーシトロエン
外部リンク http://www.citroen.com/
テンプレートを表示

いち早い前輪駆動方式の採用や、窒素ガスを気体バネに用いて高圧油圧制御する独自のサスペンション機構「ハイドロニューマチック」の開発をしていたことで知られる。

目次

沿革編集

 
戦前のエッフェル塔の「シトロエン」電光広告。1925年アールデコ博の際に登場した。

第一次世界大戦終結直後の1919年、ダブルヘリカルギア(やまば歯車)の製造と大砲用の砲弾製造で財を成したアンドレ・シトロエン(André Citroën)が、ヨーロッパにおける自動車の大衆化を目指し、フランス版フォードとなるべく設立した企業である。フランスの自動車メーカーの中では後発組といえる存在であった。最初の工場は軍需工場を転用したパリセーヌ川・ジャヴェル河岸の工場で、現在その場所は「アンドレ・シトロエン公園」になっている。

エンブレムは「ヘ」状の2つのクサビ形を重ねたもので「ドゥブル・シュヴロン (double chevron)」または「ダブルヘリカルギア」と呼ばれる。これはアンドレ・シトロエンが経営者としてスタートするきっかけになった歯車「シェブロン・ギア(やまば歯車)」の歯形をモチーフにしたものである。

流れ作業方式による小型車・中型車の大量生産で成功を収め急成長したが、やがてアンドレのワンマン経営による過剰投資がたたり、1934年に経営危機に陥り、この際タイヤメーカーのミシュランの系列会社となり、同社の市販車は工場出荷タイヤにミシュラン製タイヤを指定、装着している。

第二次世界大戦後も先鋭的な自動車開発で世界的に注目される存在であり続け、1960年代にはイタリアのフィアットマセラティなどとも提携するが、1970年代には再び経営困難な状況となり、結局1976年からは同じフランスの競合自動車会社プジョーに主導されるかたちで、企業グループPSA・プジョーシトロエンの傘下となっている。それに伴いプラットフォームやエンジンをプジョー車と共通化するようになった。

21世紀初めの現在でもプジョー車とのコンポーネンツ共用の基本方針は変わっておらず、また一時期のような独善的なまでの個性は抑えられるようになってきてはいるものの、依然として系列メーカーであるプジョーとは異なった個性を持つブランドとして存続し続けている。

伝統として、フランス大統領の就任パレードに使用するオープンカーの提供を続けている。その車両は既存の車体を利用したワンオフモデルである。

先進技術編集

新しい技術をいち早く採用することで知られ、それは「10年進んだ車を20年間作り続ける」と形容された。

創業にあたり、ジュール・サロモンの設計で1919年に発売されたタイプAは最初の生産車であると共に、ヨーロッパで最初の大量生産方式によって製造された自動車であった。1925年に発表されたB12はヨーロッパで最初のオール鋼製ボディを持った大量生産車である。また、現代では当然となった4輪ブレーキもこの時に導入した。1932年にはモノピースという溶接による一体ボディ構造の8/10/15を発表する。このように、1930年代前半までは、アメリカ合衆国で実用化された進歩的自動車技術をいち早く咀嚼してヨーロッパに導入するという姿勢が顕著なメーカーであった。

そのベクトルを転じ、強烈な独自性を発揮するようになったのは1933年ヴォワザン社出身の技術者アンドレ・ルフェーブルが入社してからである。一大転機となったのは彼の主導による設計の「7CV」・通称「トラクシオン・アバン」が開発されたことによる。前輪駆動(FF)やモノコック・ボディトーションバー・スプリングなどを、いち早く採用し、1934年に発表されると大きな反響を呼び、同社の「先進性」を市場に印象づけた最初の車となった。しかし同車の短期開発と新工場建設により、会社の経営破綻とアンドレ・シトロエンの経営撤退を招いた。

1955年には、金属スプリングの代わりに気体ばねと高圧オイルを用いる独創的なハイドロニューマチック・サスペンションを装備した、 DS を発表。車高調整とダンパーに使われたオイルは、サスペンションだけに留まらずパワーステアリングやブレーキ、ペダルレスでのクラッチコントロールや遠隔操作でのギヤチェンジにも使われた。この「10年進んだ車」は、果たしてその後「20年間作り続け」られた。

他にも「走る物置」「フランスの民具」とまでいわれ、40年以上も生産されたユニークな経済車「2CV」をはじめ、ユニークで独創性に満ちた自動車を多数開発し、世に問うてきた。

広告編集

創業者のアンドレ・シトロエンは万事派手好きで、広告戦略にも意を砕いたことで知られる。1925年から1936年までの11年間エッフェル塔は「CITROËN」の文字で飾られた(「翼よ、あれがパリの灯だ!」で知られるチャールズ・リンドバーグ大西洋単独無着陸飛行も、この期間の中に入る)。この電飾文字は40km離れた場所からも視認でき、当時のエッフェル塔の代名詞でもあったという。また、飛行機でパリ上空に「Citroën」と描いたこともあった。

ニューモデルを発表すると、同時に生産車の精巧なミニチュアカーを作り販売したが、これは将来の顧客である子どもへのアピールであった。当時の同社の威勢は頂点を極めており、「赤ん坊が最初に覚える言葉はパパ、ママ、そしてシトロエンだ」と豪語するほどであった。

広告においては戦後もセンス溢れる活動を展開し、1965年ルーブル美術館主催のアート展が開かれるなど、芸術的にも評価を受けている。

日本での販売編集

長きに渡り西武自動車販売が行なっていたが、1980年代後半、シトロエン本社が日本のメーカー各社に持ちかけた販売提携に手を挙げたマツダを加え、三社によって設立されたシトロエン・ジャポン(第1次)が1989〜1998年頃まで販売を行っていた(バブル崩壊により頓挫)。

2001年より第2次のシトロエン・ジャポンが本社100%出資で立ち上がり、2008年4月にプジョー・ジャポンと統合、プジョー・シトロエン・ジャポンとなった。

車種一覧編集

現行販売車種編集

シトロエン編集

  • C-ZERO
  • C1 - PSAとトヨタ自動車との共同開発車種でチェコ共和国の合弁工場TPCAで生産される。
  • C2
  • C3
    • C3 プルリエル - C3から派生モデルとして登場。しかし外装については、最初から設計するほどこだわっている。
    • C3 ピカソ - C3を基にしたMPV(多用途車)である。
    • C3 エアクロス - C3 ピカソを基にしたSUVである。
  • C4 - 2004欧州カー・オブ・ザ・イヤー2位、2005RJCカー・オブ・ザ・イヤーインポート大賞、2006ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー大賞などを受賞。
    • Cトリオンフ - C4のノッチバック・セダンである。元々は中華人民共和国市場向けに開発された車種であるが、欧州の一部地域でも販売が計画されている。
    • C4 ピカソ - C4を基にしたMPV。当初、日本で販売されるピカソは7シーターだけで、欧州ではグランピカソという名で販売されていた(欧州では5シーターをC4ピカソとして販売)。2014年10月25日に日本発売されたシリーズからは、5シーターモデルが追加され、7シーターをグランドC4ピカソ、5シーターをC4ピカソとしている。[1]
    • C4 エアクロス - 三菱・RVROEMモデル。2011年9月30日発表。2012年より発売を開始[2]
    • C4L - Cエリーゼと同時発売。シトロエンの上海スタイル・センターが初めて手がけたモデル。販売される国で製造する原則から、ロシアのカルガ工場、中国の東風雪鉄竜工場で生産される[3]
  • C5 - セダンとツアラー(ワゴン)をラインナップ。油圧式サスペンション“ハイドラクティブIIIプラス”を搭載している。
  • C6 - フラグシップセダン。C5と同じく油圧式サスペンション“ハイドラクティブIIIプラス”を搭載。日本にはV6 3.0リッターエンジンにアイシン・エィ・ダブリュ製の6速ATが組み合わされたモデルのみ導入されていたが2010年正規輸入が終了された。フランス本国でも2012年12月に生産が終了された。
  • C8
  • クサラ ピカソ - クサラを基にしたMPVである。
  • ベルランゴ
  • Cクロッサー - 三菱自動車工業OEMアウトランダーがベース。
  • Cエリーゼ - 2012年6月発売。3ボックスのCセグメントモデルで、スペインのヴィゴ工場で生産される。基本的に新興国市場向けで、品質の悪いガソリンに合わせて設計された新エンジンが用意されている[3]

DSライン編集

2015年にシトロエンから独立して単独のブランドとなった。詳細はDSオートモビルズを参照。

  • DS3
  • DS4 - 2011年、世界で最も美しい車 (2010発表車)に選ばれた。[2]
  • DS5 - C4とC5の中間サイズのクロスオーバー。2011年発表。日本国内では2012年8月1日発売。

戦後販売された車両編集

(1948年以降発表モデル)

  • 2CV
    • 2CV AU - 2CVを基にしたバンタイプ-その後モデル名は AZU・AKに変更、トラックタイプ、軍用などバリエーションが豊富
  • DS
    • ID- DSの廉価版。DSより油圧制御の範囲が限定的
  • AMI
    • AMI6- 1961年登場。流行のクリフカット・ルーフを特徴とした
    • AMI8- アミの後期モデル。ファストバック・ルーフに変更された
    • AMI-Super- GS1015用の空冷4気筒エンジン搭載の高性能版
  • DYANE
  • MEHARI - Dyane 6ベースのABSボディー。Mehari 4x4, 軍用モデルA 4x4がある。
  • SM
  • GS
  • CX
  • LN- プジョーの影響下で開発された初のモデル。プジョー104クーペに2CV以来の空冷2気筒エンジンを搭載
    • LNA- LNの改良型。プジョー製水冷エンジンも搭載された。
  • VISA- 1978年登場。機構的にはプジョー・104ベースだが、シトロエン的な内外装が与えられた。
    • AXEL - ルーマニアにおいてOltcit(オルチット)名で生産されたモデル。ヴィザに似ているがGS用の空冷エンジンを搭載しており、共通性は無い
  • BX
  • AX
  • サクソ - 日本では当初「シャンソン」の名で販売された。
  • XM
  • ZX
  • エグザンティア
  • クサラ
  • エバシオン

クラシック・シトロエン編集

(1947年以前発表モデル)[4]

  • Type A
  • Type B
    • B2 - B2caddy・B10・B12・B14・B15・B18
  • Type C
    • 5CV - C2・C3(もともとはC。後期型のシャーシは10cm延長されC3と呼ばれた。後期型が現れてから前期型を区別してC2と呼ぶようになった。C2は2人乗りオープンのみ、C3には3人乗りオープンとカブリオレボディがあった。)
  • AC4 - 登場時にはAC4と呼ばれた。AndreのAである。1928年 - 1934年
  • c6 - 1928年 - 1933年
  • Rosalie(Record Breakerの愛称でC6〜Traction Avantまである)正式には単に 8・10・15・7UA等と呼ばれる。
  • Traction Avant(トラクシオン・アバン(愛称))- 7cv・11cv・15cv

貨物車・ミニバス編集

特殊車両編集

モータースポーツ編集

 
シトロエン・C3 WRC(2017年)

レース部門のシトロエン・レーシングの活動は伝統的にラリー系を中心として行われ、参戦した全てのビッグカテゴリでチャンピオンを獲得した経歴を持つ。1989〜2000年までは『シトロエン・スポール』を名乗っていた[5]

1950年代からDS2CVでラリーに参加し、ラリー・モンテカルロツール・ド・コルスで勝利を挙げた。世界ラリー選手権 (WRC)には1986年グループB時代に参戦した後一時活動を休止していたが、1998年にF2キットカーのクサラで復帰。二輪駆動車でありながら、WRカー勢を破って二度総合優勝を飾っている。2001年にはWRカーを開発し、WRCクラスへの参戦を再開。フランス人の天才セバスチャン・ローブを擁して2004年から2012年までドライバーズタイトル9連覇を達成した。マニュファクチャラータイトルも同期間中2006・2007年を除いた全てで獲得している。2006年と2016年はワークス活動を休止しているが、それらの年もプライベーターとしてのシトロエンのWRカー参戦は続けられた。2017年現在、シトロエンの歴代WRC勝利数94回は全メーカー中トップである(うち78勝はローブ)。また下位クラスのJWRCでも、マルチメイク時代の勝利数・タイトル数はスズキを凌いで1位である。

現在のWRC2/WRC3でも、プライベーターにグループR仕様のマシンを販売している他、2013年から2016年までDS3 R3TがJWRCのワンメイク車両に指定されていた。

1990年代にはパリ・ダカール・ラリーを中心とするラリーレイドにもZXで参戦し、1991年アリ・バタネンが総合優勝を果たす。さらに1994年 - 1996年にはピエール・ラルティーグが総合3連覇を達成するなど、同一グループのプジョーとともに三菱自動車にとって最強のライバルとして立ちはだかった。

2014年からはローブと共に世界ツーリングカー選手権(WTCC)にワークス参戦を開始。サーキットレースの世界選手権にエントリーするのはこれが初めてとなった[6]。マシンは新興国向けセダンのC-エリーゼ。デビュー年からホンダを圧倒する速さを見せ、ドライバー・マニュファクチャラーズタイトルを2014年から2016年まで3連覇を達成。特に2015年はフィーチャーレースは全勝、リバースグリッドの第2レースも他チームに3勝しか許さない完勝といえる内容であった。しかしWRCに集中するために2016年いっぱいで撤退した。

また2014年からはWTCCと同時に世界ラリークロス選手権にもペター・ソルベルグをワークス支援する形で参戦し、初年度と翌2015年にドライバーズタイトル2連覇を果たした。その後はWTCC同様、プジョーにあとを託す形で撤退している。

同一グループのプジョーとも古くからWRCやダカールなど同一カテゴリで争ってきたが、PSA全体の経営が年を追うごとに苦しくなっているため、2006年のWRC休止以降は同一カテゴリでバッティングさせることは減った。また2014年にPSAのCEOに就任したカルロス・タバレスにより、シトロエン・レーシングの本拠地であるサトリーにプジョー・スポールDSのモータースポーツ部門が移管され、財政面での統合がされている[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1] -シトロエン・ジャポンWebページ
  2. ^ New Citroen C4 AIRCROSS: PSA's Second Take on the Mitsubishi ASX”. Carscoop (2011年9月30日). 2011年11月4日閲覧。
  3. ^ a b シトロエンCエリゼ/C4L、デビュー - AUTOCAR JAPAN・2012年6月20日
  4. ^ 初期の車名について: C4以前のモデルでは、タイプA・B・Cはシャーシの形式を表しており車名ではない。当時の広告などによると、シトロエンの10馬力でトーピード式、シトロエンの5馬力で3人乗り、シトロエンの5馬力でカブリオレ、などの名称で販売されていた。また、馬力はフランス流の課税馬力であったが、綴りは英語風に10HP、5HPであった。タイプBがエンジンを拡大し多様化していくとこの方法は通用しなくなり、C4・C6に至ってシャーシ名が車名となった。続くモデルはC7となるはずであったが、ロザリーという車名が付けられ課税馬力による呼称を併用した。トラクション・アバンで再び、7CV・11CV・15CVのように課税馬力が車名となった。
  5. ^ シトロエンDS3レーシング(FF/6MT)【試乗記】アムロ、いきます!2012.12.16
  6. ^ シトロエン&ローブ、WTCC参戦! - HOBIDAS AUTO・2013年7月1日
  7. ^ 『トヨタWRCのすべて』 2018年4月15日発行 三栄書房刊

外部リンク編集

関連項目編集

シトロエン RE-2 - 同社によって開発された軽量ヘリコプター

<- Previous シトロエン ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7
ハッチバック 2CV
LN / LNA AX C1 I C1 II
ヴィザ サクソ C2
C3 I C3 II C3 III
DS3
C4エアクロス
GSA ZX クサラ C4 I C4 II
オープン DS3カブリオ
セダン BX エグザンティア C5 I C5 II
CX XM C6
ミニバン C15 ベルランゴ ベルランゴ II
C3ピカソ
クサラピカソ
C4ピカソ I C4ピカソ II
エバシオン C8 I C8 II C8 III
オフローダー メアリ
クロスオーバーSUV Cクロッサー
DS4
DS5
ハイブリッドカー C-ZERO
EV Eメアリ