メインメニューを開く

地理編集

ロマンヴィルはパリの東約3kmに位置し、ベルヴィルの丘の東端にあたる。

コミューンにはA3のインターチェンジがある。

20世紀初頭のロマンヴィルにはかつてトラムのターミナルがあったが、現在は鉄道駅も地下鉄駅もない。

歴史編集

1845年、モリブの石切り場から新石器時代の人間の頭蓋骨が発見された。

7世紀、エルマントルードの所有する城が現在のロマンヴィルにあったことで、その存在が確認された。

ロマンヴィルとはラテン語のRomanvillaから派生している。8世紀のモー司教ロマヌス(Romanus)がこの地に所領を持っていたことに由来する。

1351年、ロマンヴィルにはハンセン病患者のコロニーがあった。

1630年、領主ニコラ・ド・ケランが城を建てた。その後セギュール家が所領を継承した。

1814年3月、パリを包囲したロシア軍が本営を置いた。

ティエールの命令により、ロマンヴィルとノワジー=ル=セックに砦(ティエールの壁)が築かれた。1867年、砦を含むロマンヴィルの一部がレ・リラの名でコミューンとして分離した。

20世紀初頭に工業化が進み、医薬品分野が成長した。

姉妹都市編集

出身者編集