メインメニューを開く

ロング・ウォーク・ホーム』(原題:The Long Walk Home)は、1990年制作のアメリカ合衆国の映画。日本では1994年公開。

ロング・ウォーク・ホーム
The Long Walk Home
監督 リチャード・ピアース
脚本 ジョン・コーク
製作 ハワード・W・コッチ・ジュニア
デイヴ・ベル
製作総指揮 スチュアート・ベンジャミン
テイラー・ハックフォード
出演者 シシー・スペイセク
ウーピー・ゴールドバーグ
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ビル・ヤーラウス
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年12月21日
日本の旗 1994年7月16日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$4,873,620[1]
テンプレートを表示

1950年代アメリカ合衆国南部アラバマ州モンゴメリーで起きたモンゴメリー・バス・ボイコット事件を背景に、運動に参加するアフリカ系アメリカ人女性と、彼女をメイドとして雇いなおかつ同情して協力する白人主婦との友情を描く。

目次

あらすじ編集

1955年、アラバマ州ではバスに白人と黒人の座る席が区別されていた。ある日、1人の黒人女性が白人用の椅子に座った事から逮捕されてしまう事件(ローザ・パークス事件)が起きる。

長年屈辱的な差別を受け続けていた黒人たちは、その事件に抗議しようと全米各地でバスに乗る事を拒否する行動(バス・ボイコット運動)をとる。そんな黒人の1人にオデッサがいた。元来芯の強い彼女は白人のトンプソン家のメイドとして、毎日自宅からの長い道のりを足にまめを作りながら通い続ける。

それを見かねた雇主の主婦ミリアムは、車でオデッサを迎えに行こうとするが、夫ノーマンを始め周囲の白人たちから猛反発を受けてしまう…。

キャスト編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集