メインメニューを開く

ロング, ロングバケーション』(The Leisure Seeker)は2017年イタリアフランスドラマコメディ映画。監督はパオロ・ヴィルズィ英語版、主演はドナルド・サザーランドヘレン・ミレンが務めた。本作はマイケル・ザドゥリアン英語版2009年に発表した小説『旅の終わりに英語版』を原作としている。なお、サザーランドとミレンが共演するのは『黄土の英雄/軍医ベシューンの生涯英語版』(1990年)以来27年ぶりのことである。

ロング, ロングバケーション
The Leisure Seeker
監督 パオロ・ヴィルズィ英語版
脚本 パオロ・ヴィルズィ
スティーヴン・アミドン英語版
フランチェスカ・アルキブージ
フランチェスコ・ピッコロ
原作 マイケル・ザドゥリアン英語版
旅の終わりに英語版』(東京創元社
製作 マーティ・イーライ・シュウォーツ
ファブリツィオ・ドンヴィート
マルコ・コーエン
ベネデット・アビブ
製作総指揮 アレッサンドロ・マスケローニ
ドヴ・ママン
ダニエル・カンポス・パヴォンチェッリ
コビ・ベナトフ
ダーヴィト・グルンバッハ
マチュー・ロビネ
ジル・スーサ
ブライアン・トーマス
出演者 ドナルド・サザーランド
ヘレン・ミレン
ジャネル・モロニー英語版
カースティ・ミッチェル英語版
音楽 カルロ・ヴィルズィ英語版
撮影 ルカ・ビガッツィ英語版
編集 ヤーコポ・クアドリイタリア語版
製作会社 インディアナ・プロダクション・カンパニー英語版
ライ・シネマイタリア語版
配給 フランスの旗 バック・フィルムズ
イタリアの旗 01ディストリビューションイタリア語版
日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2018年1月3日
イタリアの旗 2018年1月18日
日本の旗 2018年1月26日
上映時間 112分[1]
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語
興行収入 世界の旗 $19,340,532[2]
テンプレートを表示

イタリアの映画監督であるヴィルズィにとって初の全編英語作品となる本作は、2017年8月から9月にかけて開催された第74回ヴェネツィア国際映画祭で初上映された[3]

ストーリー編集

スペンサー夫妻は50年以上連れ添った仲であったが、夫のジョンはアルツハイマー病で記憶を失いつつあり、妻のエラは末期癌に冒されていた。自分たちに残された時間は少ないことを悟った2人は、オンボロの愛車を修理して旅に出ることにした。目的地はジョンが愛好していた作家、アーネスト・ヘミングウェイの自宅があるフロリダキーズに決まった。長い旅の途中、2人は一緒に歩んできた人生を追想していく。

キャスト編集

製作編集

2016年5月12日、パオロ・ヴィルズィ監督の新作映画にヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドが出演することになったと報じられた[4]。本作の主要撮影は同年7月にジョージア州アトランタで始まった。8月、撮影現場が洪水の被害に遭い、死傷者こそ出なかったものの、自動車が損傷するという被害が出た[5]

公開・興行収入編集

2017年8月30日、フォーカス・フィーチャーズが本作の全英配給権を購入したと報じられた[6]。9月3日、本作は第74回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映された[3]。22日、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが本作の全米配給権を獲得したと発表した[7]

2018年3月9日、本作は全米28館で限定公開され、公開初週末に11万3708ドル(1館当たり4061ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場35位となった[8]

評価編集

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには100件のレビューがあり、批評家支持率は36%、平均点は10点満点で5.1点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ロング, ロングバケーション』は演技の才能の不足に困っているということはないはずである。しかし、同作のストーリー大部分は先が読めるもので、ほとんど語るべきものがない冗漫なドラマに堕している」となっている[9]。また、Metacriticには23件のレビューがあり、加重平均値は45/100となっている[10]

本作での演技によって、ヘレン・ミレンは第75回ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされたが[11]、受賞は逃した[12]

出典編集

  1. ^ ロング, ロングバケーション”. 映画.com. 2019年1月13日閲覧。
  2. ^ The Leisure Seeker (2018)”. The Numbers. 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ a b Venice Competition Includes Films From George Clooney, Guillermo del Toro, Darren Aronofsky”. The Hollywood Reporter (2017年7月27日). 2019年1月13日閲覧。
  4. ^ Helen Mirren & Donald Sutherland Team For ‘The Leisure Seeker’ – Cannes”. Deadline.com (2016年5月12日). 2019年1月13日閲覧。
  5. ^ Cars Damaged During ‘Leisure Seeker’ Shoot In Atlanta: Production Says It Will Pay Deductibles — Update”. Deadline.com (2016年8月28日). 2019年1月13日閲覧。
  6. ^ Focus Features Boards ‘The Leisure Seeker’ With Helen Mirren, Donald Sutherland (EXCLUSIVE)”. Variety (2017年8月30日). 2019年1月13日閲覧。
  7. ^ Sony Pictures Classics Seals Deal For Donald Sutherland-Helen Mirren Road Trip Pic ‘The Leisure Seeker’ – Update”. Deadline.com (2016年9月22日). 2019年1月13日閲覧。
  8. ^ March 9-11, 2018”. Box Office Mojo. 2019年1月13日閲覧。
  9. ^ The Leisure Seeker”. Rotten Tomatoes. 2019年1月13日閲覧。
  10. ^ The Leisure Seeker (2018)”. Metacritic. 2019年1月13日閲覧。
  11. ^ ゴールデングローブ賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多7部門にノミネート”. 映画.com (2017年12月12日). 2019年1月13日閲覧。
  12. ^ ゴールデングローブ賞は「スリー・ビルボード」が最多4冠”. 映画.com (2018年1月8日). 2019年1月13日閲覧。

外部リンク編集