ロンドン条約 (1840年)

ロンドン条約(ロンドンじょうやく)は、1840年に締結された、エジプトムハンマド・アリー朝)とオスマン帝国との戦争における講和条約であり、ロンドン会議の中で結ばれた。

ロンドン条約(1840年)
通称・略称 ロンドン4国条約
5国海峡条約(1841年)
署名 1840年
署名場所 ロンドン
締約国 イギリスロシア帝国オーストリア帝国プロイセン王国、フランス(1841年)
関連条約 ウンキャル・スケレッシ条約
テンプレートを表示

ロンドン4国条約ともいい、イギリスロシア帝国オーストリア帝国プロイセン王国の4国が締結国であった。翌1841年にフランスも加わり5国海峡条約になった。

概要編集

内容は、一次エジプト・トルコ戦争で認められたムハンマド・アリーシリア領有を放棄することと、その代償としてアリーをエジプトスーダン総督にすることを認めた。また、ロシア帝国の艦隊がボスポラス海峡ダーダネルス海峡の自由通航などを盛り込んだ条約(ウンキャル・スケレッシ条約)を破棄し、外国船の通航を全面禁止にした。

この条約の最大の受益者は会議を開催したイギリスで、とりわけ外相のパーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプルの手腕によるところが大きかった。というのも、この条約でムハンマド・アリーを支援したフランスは、この地域の影響力を削がれ、ロシアも二つの海峡の通航を阻止されたことにより南下政策に歯止めがかかった。このことは、フランス・ロシア両国による東地中海・中近東への進出を同時に阻止することを意味した。

当時のイギリスは清国と戦争状態(アヘン戦争)にあり、アメリカともカナダの国境問題をめぐって鋭く対立していたためにそのような外交の状況下でイギリスが二大ライバルのロシアとフランスを封じ込めたのはパーマストン外交の勝利であり、パクス・ブリタニカといわれたこの時代のイギリスにとっての政治上の頂点をなすものであった。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

参考文献編集

  • 君塚直隆『パクス・ブリタニカのイギリス外交 - パーマストンと会議外交の時代』有斐閣、2006年11月。ISBN 978-4-641-17322-4
  • 『詳説 世界史研究』山川出版社