メインメニューを開く

ローマ空港・ウィーン空港同時テロ事件

事件直後のローマ空港

ローマ空港・ウィーン空港同時テロ事件(ローマくうこう・ウィーンくうこうどうじテロじけん)は、1985年12月27日に、ローマ国際空港ウィーン国際空港で同時に発生したテロ事件である。

事件の経緯編集

1985年12月27日AM8:15(協定世界時)、イタリアローマローマ国際空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)にあるアメリカトランス・ワールド航空イスラエルエル・アル航空のチケットカウンターに4人の男たちが近づき、いきなりアサルトライフルを乱射し、手榴弾を爆発させた。テロリストのうち、3名は即座に射殺され、残る1名は警察に撃たれた後で身柄を捕獲された。このテロ行為で16人が死亡、99人が負傷した。

数分後、今度はオーストリアウィーンにあるウィーン国際空港が狙われた。テルアビブ行きの航空機のチェックインのための行列に、3人組みのテロリストがいきなり手榴弾を投げ込み、2人が死亡、39人が負傷した(翌年1月に負傷した乗客の1人が死亡、犠牲者は3人となった)。テロリストの3名は車で逃走、オーストリア警察との激しいカーチェイスとなり、オーストリア警察は1名を射殺、残る2名も逮捕した。

2つの空港テロにより、幼児を含む19人が死亡、140人が負傷した。

その後の捜査で、テロリストたちは両空港から2機のエル・アル航空機をハイジャックし、テルアビブ上空で爆破させる計画であったと判明した。また、空港のチケットカウンターを襲撃する計画のターゲットには、西ドイツフランクフルト空港も含まれていた。

犯行組織編集

パレスチナ解放機構(PLO)による犯行と思われたが、PLOのヤーセル・アラファート議長は犯行を否認、テロリストを非難した。PLOはテロの目的はイタリア・オーストリアとパレスチナとの関係悪化を狙うものだと判断していた。その後、アブ・ニダルが組織するANOが犯行を認めた。同年10月1日にイスラエルが行ったチュニスのPLO本部への空爆(木の脚作戦)に対する報復であった。実行犯の背後にはリビアがいるとリビアは国際的に非難されたが、リビアは関与を否定した。しかしその後、アブ・ニダル側は、犯行に使用された武器はリビアによって提供されたことを認めた。リビアは1982年サブラとシャティーラの大虐殺レバノンパレスチナ難民キャンプがレバノン民兵に襲撃され、大量虐殺された事件)の報復であると空港テロを賞賛した。

なお、2002年6月4日アメリカロサンゼルス国際空港のエル・アル航空のチケットカウンターで、エジプト系アメリカ人が銃を突然乱射、列を作っていたイスラエル人2人が死亡した事件が起き、本事件に非常に類似しているが、こちらの事件はFBIの捜査の結果、単独犯で背後組織はないと結論付けられている。

関連項目編集