ワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏

ワシントン・ボルチモア広域都市圏Baltimore-Washington Metropolitan Area)とは、メリーランド州のボルチモア、コロンビア特別区のワシントンD.C.で労働市場が重なる地域からなる広域都市圏

ワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏

ワシントン・ボルチモア広域都市圏
複合都市圏
ボルチモア市
ワシントンD.C.
アーリントン市
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
人口
(2012年)
 • 広域都市圏
9,331,587人
  全米広域都市圏人口第4位
等時帯 UTC-5 (太平洋標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (太平洋夏時間)
2000年国勢調査に基づく ワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏 - アメリカ合衆国行政管理予算局(Office of Management and Budget、OMB)による
1990年国勢調査に基づく地図

この地域には、メリーランド州中央部、北バージニアおよびウェストバージニア州東部にあたるジェファーソン郡が含まれる。 この地域は、アメリカの広域都市圏でも最も教育程度が高く、収入も多く、大きさも第4位に当たる[1][2]

公式には、この地域はアメリカ合衆国行政管理予算局(Office of Management and Budget、OMB) により ワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏Washington-Baltimore-Northern Virginia, DC-MD-VA-WV CSA)と指定されている。 基本的に「ボルチモア-タウソンMSA」と「ワシントンMA」という二つの広域都市圏に加えて、隣接してはいないが通勤圏にある3つの小さい都市圏、Winchester, VA-WV MSALexington Park, MD Micropolitan areaCulpeper, VA Micropolitan areaが含まれる。OMB公式では含まれていないものの、この地域に属していると考えている郡や都市もある。これには主として、この地域への近さや通勤者の多さ、地方放送局の影響などによるものである。ボルチモア・ワシントン広域都市圏の人口は2010年の国勢調査によれば 8,924,087人であった[3][4][5][6][7][8]。 最も人口が多い都市はワシントンDCで、 620,996人。もっとも人口の多い郡はバージニアのフェアファックス郡で100万人を超える。

大都市圏の構成要素編集

2010年度国勢調査による広域都市圏内に所属する郡と独立市は以下の通りである。

主要都市の一覧編集

完全な一覧については、ボルチモア・ワシントン都市圏の都市の一覧en:List of cities in the Baltimore-Washington Metropolitan Areaを参照。[9]

ボルチモア地区編集

ワシントン地区[10]編集

経済編集

主要産業編集

バイオテクノロジー編集

en:National Institutes of Healthに近接しているに限らず、メリーランドワシントン近郊はバイオテクノロジーの中心地となっている。ここにある主要企業にはen:MedImmuneen:United Therapeuticsen:The Institute for Genomic Researchen:Human Genome Sciencesen:Howard Hughes Medical Instituteがある。

防衛関連産業編集

ペンタゴン近隣地区には多くの防衛関連産業が拠点を置いている。この中にはen:Lockheed Martinen:Northrop Grumman, en:General Dynamicsen:BAE Systems Inc.Computer Sciences Corporation (CSC)Science Applications International Corporation (SAIC)en:Orbital Sciences Corporationなどがある。

この地域に本社を置く著名企業編集

ナンバーはen:Fortune 500におけるランキング

メリーランド編集

ボルチモア地区:

ワシントン地区:

ワシントンD.C.編集

北バージニア編集

交通編集

 
ボルチモア・ワシントン国際空港
 
ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港
 
ワシントン・ダレス国際空港
 
地下鉄

主要空港編集

鉄道輸送システム編集

主要ハイウェイ編集

Interstates

U.S. Routes

State Routes

参考文献編集

関連項目編集