ワシントン・ダレス国際空港

バージニア州の国際空港

ワシントン・ダレス国際空港(ワシントン・ダレスこくさいくうこう、Washington Dulles International Airport)は、アメリカ合衆国バージニア州にある国際空港。首都ワシントンD.C.の国際線の玄関口である。ホワイトハウスの42Km西に立地している。ドワイト・D・アイゼンハワー政権下で国務長官を務めたジョン・フォスター・ダレスにちなんで命名された。

ワシントン・ダレス国際空港
Washington Dulles International Airport
View of IAD from airplane a.jpg
IATA: IAD - ICAO: KIAD
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ヴァージニア州ダレス
母都市 ワシントンD.C.
種類 公共
所有者 ワシントン首都圏空港公団
拠点航空会社 ユナイテッド航空
敷地面積 5260 ha
標高 95 m (313 ft)
座標 北緯38度56分40秒 西経77度27分21秒 / 北緯38.94444度 西経77.45583度 / 38.94444; -77.45583座標: 北緯38度56分40秒 西経77度27分21秒 / 北緯38.94444度 西経77.45583度 / 38.94444; -77.45583
公式サイト www.mwaa.com/dulles/
地図
空港の位置
空港の位置
IAD
空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
1L/19R 2,865×46 コンクリート
1C/19C 3,505×46 コンクリート
1R/19L 3,505×46 コンクリート
12/30 3,200×46 コンクリート
12R/30L - 3,200 計画中
出典:連邦航空局[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

歴史編集

第二次世界大戦後、民間の航空需要が増加し、ワシントン・ナショナル空港だけでは不十分と判断された。1950年、ワシントン空港法が制定され、連邦政府による首都圏第二空港の建設が認可された。ドワイト・D・アイゼンハワー大統領によって1958年に現在の土地が選定された。

1962年11月17日、ジョン・F・ケネディ大統領によって開港宣言された。当時の正式名称は「ダレス国際空港」だった。1984年には「ワシントン・ダレス国際空港」に改称された。

日本、すなわち成田国際空港から初めて直行便が就航したのは、全日本空輸(ANA)が本格的な国際線進出をした1986年昭和61年)7月26日[2] のことで、これは当時のANA国際線としては超長距離便であり、かつ日米領国の首都同士を結ぶ初の路線でもあることから、同社栄光の1・2便が付けられている[3]。なお、2020年3月末からは同路線の日本側発着空港を成田国際空港から東京国際空港発着に変更したことに伴い、便名も101・102便に変更されたものの、2022年夏ダイヤ現在は再び成田国際空港発着へ戻されている[4][5]

2012年6月1日、ルフトハンザドイツ航空により世界で初めてボーイング747-8iが就航した(出発地はフランクフルト)。

ターミナル編集

 
メイン・ターミナル(外観)
 
メイン・ターミナル(内部)
 
飛行機とターミナル間を結ぶモバイル・ラウンジ
 
ターミナル案内図

メインターミナルと2棟のサテライトターミナルで構成される。3棟は平行に配置されている。全体で139の搭乗口を備えている。

メインターミナルは1962年の開港に合わせて完成した。吊り下げ構造の屋根によって実現した優雅な曲線美と広大な無柱空間が特徴の建物である。設計はエーロ・サーリネン。サーリネンはターミナルと飛行機の間の旅客輸送にモバイル・ラウンジというユニークな提案をし、クライスラーバッドが共同で車両を開発した。運転席は前後にあり車高を下げて走行する。搭乗口にしか接続できないタイプもある。約50台が運用されているが、輸送力が低いため現在ではターミナルの一部でのみ使用されている。

2棟のサテライトはコンコースA/B、コンコースC/Dと呼ばれている。C/Dの方が古く1983年に完成した。メインターミナルとは2004年に地下道、2010年にエアロトレインで結ばれた。Dにはエアロトレインの駅がないため上記のモバイル・ラウンジが使用されている(2021年の時点)。

利用実績編集

2019年の旅客数は2481万人でアメリカの空港では25番目だった。ユナイテッド航空の利用者が約6割を占めた[6]

主な航空会社編集

アクセス編集

地下鉄編集

ワシントンメトロシルバーラインSilver Line)が2014年7月26日に一部区間が開業し、空港最寄り駅としてウィール・レストン・イースト(Wiehle-Reston East)駅が出来た。シルバーラインはオレンジラインに乗り入れし、市内に直通する。最寄り駅と空港との間は11kmほど離れており、ワシントン・フライヤー・シルバーライン・エクスプレス(Washington Flyer Silver Line Express)のバスが約10分で結んでいる。24時間運行で、間隔は概ね15-20分毎。バス運賃は$5、地下鉄区間は行き先によって異なる[7]。2018年の空港への直結を目指して延伸工事が進められた[8]が、その後改めて2021年の延伸を目指している。

路線バス編集

メトロバスのルート5Aが空港とワシントンD.C.市内を結んでおり、終着のワシントンメトロ・ランファン・プラザ(L'Enfant Plaza)駅までの間に、ワシントンメトロ・ロスリン(Rosslyn)駅等で停車する。運行間隔は30〜40分で、運賃は$7。

自動車道編集

ワシントンD.Cの市街地方向にはバージニア州道267号線(Virginia State Route 267、ダラス・アクセス・ロード及びダラス・グリーンウェイ)が通じており、州間高速道路66号線(Interstate 66)に接続する。また、南北方向にはバージニア州道28号線(Virginia State Route 28)が延びる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ FAA Airport Form 5010 for IAD (PDF)
  2. ^ この10日前(7月16日)には、東京 - ロサンゼルス線にも国際定期便ノンストップで就航しており、CMでも盛んに流していた。
  3. ^ 当初はボーイング747-200であったが、2012年9月現在はボーイング777-300ERにて運航されている。
  4. ^ [1]
  5. ^ 新型コロナウイルスの影響に伴う 国際線 路線・便数計画の一部変更について”. ANA. 2022年6月19日閲覧。
  6. ^ Dulles Air Traffic Statistics”. Metropolitan Washington Airports Authority. 2022年1月4日閲覧。
  7. ^ ワシントン・フライヤー・シルバーラインエクスプレスのホームページ
  8. ^ ワシントンの地下鉄で新線開通 空港直結は18年に 日本経済新聞 2014年7月27日

関連項目編集

外部リンク編集