ワシントン (BB-47)

ワシントン (USS Washington, BB-47) は、アメリカ海軍の未完成戦艦[1]コロラド級戦艦の3番艦である[2]

建造が中止され未完成となったワシントンの船体
1922年4月の撮影

“ワシントン (Washington) ”の名はアメリカ合衆国の42番目の州であるワシントン州に因み、その名を持つ艦としては8代目である[注釈 1]ワシントン海軍軍縮条約により建造中止になり、標的艦として処分された[3]

概要編集

アメリカ海軍ダニエルズ・プランに基づき、テネシー級戦艦の発展型として16インチ砲8門(連装砲塔4基)を装備したコロラド級戦艦 (Colorado-class battleships) を4隻建造することになった[4]。1番艦コロラド (USS Colorado, BB-45) と3番艦ワシントン (USS Washington,BB-47) がニューヨーク造船会社 (New York Shipbuilding Corporation) で建造された[注釈 2]

1919年(大正8年)6月30日、ワシントンはニュージャージー州カムデンにあるニューヨーク造船所で起工。1921年(大正10年)9月12日に進水した[注釈 3]。同年11月よりワシントン軍縮会議がはじまる。1922年(大正11年)2月ワシントン海軍軍縮条約締結による戦艦保有枠の削減にともない、工事進捗度約80パーセントで建造中止となった[6]。 ニューヨーク造船所で工事が進んでいた3番艦ワシントンが廃艦対象となり、ニューポート・ニューズ造船所の4番艦ウェストバージニアが建造続行となった背景には、失業対策や作業量割り当ての兼ね合いがあったという[7][注釈 4]

廃棄対象となったワシントンは[注釈 5]1924年(大正13年)11月、ヴァージニア岬沖で標的艦として処分されることになった。 当時のアメリカでは、陸軍ウィリアム・ミッチェル大佐がヘルゴラント級戦艦ドイツ帝国海軍からの賠償艦)オストフリースラントドイツ語版英語版を爆撃実験で撃沈した事を利用し、「航空機で戦艦を撃沈できる」「航空兵力はすべての軍艦を時代遅れにできる」と主張していた[10]。つづいてイリノイ級戦艦アラバマ (USS Alabama, BB-8) 、バージニア級戦艦バージニア (USS Virginia,BB-13) とニュージャージー (USS New Jersey, BB-16) を航空攻撃で撃沈した[11][注釈 6]

旧式戦艦をアメリカ陸軍航空隊が撃沈した前例と異なり、ワシントンの実験はアメリカ海軍がおこなった[12]11月23日、ワシントンはまず航空爆弾と航空魚雷の標的となり、2発の魚雷(弾頭威力400ポンド(約181.4kg)の命中と3発の1.1ショートトン(1トン[注釈 7]爆弾の至近弾を受けたが、損傷は軽微で、更に400ポンド爆弾の空中炸裂による至近爆発に曝されたが、健在だった。

2日後の11月25日、戦艦部隊による砲撃が行われ、14発の14インチ(356 mm)砲弾が命中したが、装甲を貫通した弾は1発のみであった。改めて行われた戦艦ニューヨーク (USS New York, BB-34) と戦艦テキサス (USS Texas, BB-35) の砲撃により、14インチ砲弾14発が命中する。ワシントンは浸水により沈没した。

この一連の実射実験により、アメリカ海軍は「既存の戦艦の装甲防御は不十分である」と結論づけ、これ以降建造される戦艦に多重防御の強化(三重底など)が採り入れられるきっかけとなった[13]。一方で、航空攻撃により戦艦を撃沈できなかったこと、近代的防御の軍艦が爆撃に対して強靭であるとの評価が得られたことに対し、ミッチェルは「海軍が事実を隠している」と攻撃した[12]

艦歴編集

  • 1919年6日30日 - ニューヨーク造船所にて起工。
  • 1921年9月12日 - 進水。
  • 1922年2月8日 - 工事進歩率75.9%の状態で建造中止。
  • 1923年11月10日 - 廃棄決定。
  • 1924年
  • 11月23日 - 実射標的艦となる。
  • 11月25日 - 砲撃により沈没。

出典編集

編集

  1. ^ 9代目は、ノースカロライナ級戦艦2番艦のワシントン (USS Washington, BB-56) である[2]
  2. ^ コロラド級2番艦メリーランド (USS Maryland, BB-46) と4番艦ウェストバージニア (USS West Virginia,BB-48) はニューポート・ニューズ造船所で建造することになった[5]
  3. ^ 本艦進水時の写真には、艤装工事中の1番艦コロラドが写っている(1919年5月29日起工、1921年3月22日進水、1923年8月30日竣工)。
  4. ^ 当時、ニューヨーク造船所ではレキシントン級巡洋戦艦の3番艦サラトガ (USS Saratoga, CC-3) を建造しており、軍縮条約の枠内で航空母艦への改造が予定されていた[8](1920年9月25日起工、1925年4月7日進水、1927年11月16日竣工)。
  5. ^ コロラド級戦艦として完成したのは3隻(コロラド、メリーランド、ウェストバージニア)であった[9]
  6. ^ ミッチェルの主導下、アメリカ陸軍航空隊により標的艦アラバマは1921年(大正10年)9月27日に撃沈された。1923年(大正12年)9月5日、アメリカ陸軍航空隊によりバージニアとニュージャージーは撃沈された。
  7. ^ ショートトン英語: short ton)は米国慣用単位ヤード・ポンド法)の単位で、メートル法トン(メトリックトン)とは異なる。

脚注編集

  1. ^ 福井、世界戦艦物語 2009, p. 351.
  2. ^ a b 戦艦ワシントン 1988, p. 20.
  3. ^ 福井、日本戦艦物語(2) 1992, pp. 185-187はじまった空前の実艦実験
  4. ^ 歴群58、アメリカの戦艦 2007, pp. 124-126最後の標準型戦艦「コロラド級」(別称「メリーランド」級)/●一六インチ砲搭載までの経緯
  5. ^ 歴群58、アメリカの戦艦 2007, p. 127a●建造の経緯
  6. ^ ミリタリー選書(6)世界の戦艦 2005, pp. 94-97戦艦コロラド級/40cm主砲を搭載したビッグセブンの一角
  7. ^ 歴群58、アメリカの戦艦 2007, p. 127b.
  8. ^ 歴群53、アメリカの空母 2006, pp. 86-87軍縮条約の特例を行使し改造案を修正して建造へ
  9. ^ 福井、世界戦艦物語 2009, pp. 88-90条約型戦艦
  10. ^ マッキンタイヤー、空母 1985, pp. 30-33英空軍の創設、米国にも独立空軍論
  11. ^ マッキンタイヤー、空母 1985, p. 31.
  12. ^ a b マッキンタイヤー、空母 1985, p. 32.
  13. ^ Friedman, Norman (1985). U.S. Battleships: An Illustrated Design History. United States Naval Institute. ISBN 0-87021-715-1.

参考文献編集

  • 「世界の艦船」海人社:刊
  • 1990年1月号増刊 『アメリカ戦艦史』 1989年 
  • 2012年10月号増刊 『アメリカ戦艦史』 2012年
  • 太平洋戦史シリーズ 58『アメリカの戦艦』(ISBN 978-4056046922)学研プラス:刊 2007年
  • 福井静夫著「未曾有の実験艦土佐の最後」『福井静夫著作集 ― 軍艦七十五年回想 第二巻 日本戦艦物語〔Ⅱ〕』阿部安雄、戸高一成編、光人社、1992年8月。ISBN 4-7698-0608-6
  • 福井静夫『新装版 福井静夫著作集 ― 軍艦七十五年回想第六巻 世界戦艦物語』阿部安雄、戸高一成編、光人社、2009年3月。ISBN 978-4-7698-1426-9
  • ドナルド・マッキンタイヤー 著、寺井義守 訳「1.海軍航空化への道ひらく」『空母 日米機動部隊の激突』株式会社サンケイ出版〈第二次世界大戦文庫23〉、1985年10月。ISBN 4-383-02415-7
  • イヴァン・ミュージカント 著、中村定 訳『戦艦ワシントン 米主力戦艦から見た太平洋戦争』光人社、1988年12月。ISBN 4-7698-0418-0
  • ミリタリー・クラシックス編集部、執筆(松代守弘、瀬戸利春、福田誠、伊藤龍太郎)、図面作成(田村紀雄、こがしゅうと、多田圭一)「第二章 アメリカの戦艦」『第二次大戦 世界の戦艦』イカロス出版〈ミリタリー選書6〉、2005年9月。ISBN 4-87149-719-4
  • 歴史群像編集部編『アメリカの空母 対日戦を勝利に導いた艦隊航空兵力のプラットフォーム』学習研究社〈歴史群像太平洋戦史シリーズ Vol.53〉、2006年2月。ISBN 4-05-604263-2
  • 歴史群像編集部編『アメリカの戦艦 「テキサス」から「アイオワ」級まで四〇余年にわたる発達史』学習研究社〈歴史群像太平洋戦史シリーズ Vol.58〉、2007年5月。ISBN 978-4-05-604692-2

関連項目編集

外部リンク編集