ワーロック (1989年の映画)

ワーロック』(原題:Warlock)は、1989年制作のアメリカ合衆国ホラーファンタジー映画。タイトルの意味は「魔法使い」。

ワーロック
Warlock
監督 スティーヴ・マイナー
脚本 デヴィッド・トゥーヒー
製作 スティーヴ・マイナー
製作総指揮 アーノルド・コペルソン
出演者 ジュリアン・サンズ
ロリ・シンガー
リチャード・E・グラント
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 デヴィッド・エグビー
編集 デヴィッド・フィンファー
製作会社 ニューワールド・ピクチャーズ
配給 日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年1月11日
日本の旗 1990年5月11日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $9,094,451[2]
次作 ザ・ハルマゲドン/ワーロック リターンズ
テンプレートを表示

あらすじ編集

1691年ボストン悪魔と契約を交わし人々を魔法で惑わしたかどで捕まったワーロックは死刑を宣告され、処刑を待っていた。

だが、ワーロックは悪魔の力を借りて脱獄、約300年後の1988年へと飛ばされた。彼の目的は、3つに分散した世界を滅亡に導く悪魔の聖典グラン・グリモワールを手に入れることであった。ワーロックを捕縛した悪魔狩り人のジャイルズ・レッドファーンはそれを阻止するべく、彼を追って現代にやってきた。

一方、ワーロックは自分を助けた家の主人チャスを殺害、レッドファーンにその罪を着せる。ワーロックの邪悪な力に気づいたチャスの妻カサンドラはレッドファーンを保釈させ、彼と共にワーロックを追うが、彼女はワーロックから1日に20歳ずつ年をとる魔法をかけられていた。

ワーロックが3つのグラン・グリモワールのうち、既に2つを手に入れたことを知った2人は3つ目の隠された場所である墓地へと向かう。墓地は神聖な場所であるため、ワーロックは入れないのだが、墓地が移転されることを知って、先回りしてグラン・グリモワールを見つけようとしていた。

3つ目のグラン・グリモワールを見つけた2人の前にワーロックが現れ、ついに最後の闘いが始まる。

キャスト編集

続編編集

脚注編集

外部リンク編集