メインメニューを開く

ヴァルナ・サンカラ (वर्णसंकर, Varṇa-saṃkara)とは、インド社会における4ヴァルナ(バラモンクシャトリヤヴァイシャシュードラの四種姓)以外の範疇のひとつで、各ヴァルナ相互の婚姻による混交のことを意味している[1]

目次

概要編集

各ヴァルナに属する人に対しては、同一のヴァルナから配偶者を得ることが義務づけられており、ヴァルナ間の混血は忌避されるべきものとされている[2]19世紀をとおして、ヨーロッパ人インド人との混血コミュニティが「半カースト」と蔑称されたのも、こうした観念の延長線上にあった[1]。なお、上位ヴァルナの男性が下位ヴァルナの女性と結婚するアヌローマ(anuloma、順毛婚)は大目にみられるのに対し、逆のプラティローマ(pratiloma、逆毛婚)は避けるべきとされる[2]

4ヴァルナ以外の範疇編集

  • ヴァルナ・サンカラ
  • 外国人
  • 不可触民——4ヴァルナ以外の範疇には、他に不可触民と呼ばれる人びとの存在がある。英語ではアウトカーストと称されることもあるが、インドの在来の語彙としてはアヴァルナ(ヴァルナに含まれない人)がある[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 藤井(2007)
  2. ^ a b 『南アジアを知る事典』(1992)

関連項目編集

参考文献編集