メインメニューを開く

ヴィッラフランカの休戦: Armistizio di Villafranca)は、イタリア統一戦争に際して、サルデーニャ王国を支援していたフランスが、突如単独でオーストリア帝国と結んだ和約。

概要編集

イタリア統一戦争(第二次イタリア統一戦争)において、サルデーニャを当初支持していたフランスは、オーストリアとの講和を模索するようになった。1859年7月9日より、サルデーニャに対して通告することなく、オーストリアとの和約交渉に入っていた。7月11日、ヴィッラフランカ・ヴェロネーゼ(Villafranca Veronese)、現在のヴィッラフランカ・ディ・ヴェローナガンディーニ=ブーニャ=ボッタジーシオ宮殿(palazzo Gandini-Bugna-Bottagisio)で、ナポレオン3世フランス)とフランツ・ヨーゼフオーストリア)により、一連の合意が成立した。その内容は以下のようなものである。

1859年11月、スイスチューリヒにおいて、正式な調印が行われた(チューリッヒ条約)。

参考文献編集

  • 森田鉄郎、重岡保郎『世界現代史22 イタリア現代史』山川出版社、1977年