メインメニューを開く
Vilhelm Thomsen

ヴィルヘルム・ルズヴィ・ペーター・トムセン(Vilhelm Ludvig Peter Thomsen、1842年1月25日1927年5月12日)は、デンマーク言語学者でチュルク学者。突厥文字の解読でとくに有名。

目次

生涯編集

1859年にデンマークの大学ではじめ神学を学んだが、すぐに文献学に興味の中心を移した[1]ハンガリー語フィンランド語を学び、1869年にフィンランド語中のゲルマン語からの借用語に関する論文で博士の学位を得た。また、それらウラル語族インド・ヨーロッパ語族との共通語彙を根拠として、インド・ウラル語族説を唱えた。指導者としては、はじめコペンハーゲンにある Borgerdyd 校でギリシア語を教えたが、その後コペンハーゲン大学の教授になった。彼の学生の中にはオットー・イェスペルセンがいる。

トムセンは言語学に多くの重要な貢献をしている。その中にはゲルマン語派・バルト語派およびインド・イラン語派がフィンランド語に与えた影響の研究も含まれる[1]。1893年に突厥文字で書かれたオルホン碑文を、ライバルのヴィルヘルム・ラドロフに先がけて解読した。

Bo Wickman (1988:808) によると、

デンマークの学者ヴィルヘルム・トムセン (1842-1927) は、時代を問わず最大の言語学者のひとりだった。言語学の驚くほど多くの分野に貢献しており、それらの分野のすべてに等しく精通していた。

栄誉編集

トムセンはコペンハーゲン中央にある石碑に、他の3人のデンマーク出身の現代言語学の先駆者(ラスムス・ラスクニルス・ルズヴィ・ヴェスタゴーカール・ヴェルナー)とともに刻まれている。

トムセンは1909年から没するまでの間、デンマークアカデミーの会長であり、王立アジア協会の栄誉会員でもあった[1]

トルコアンカラには彼の名を冠した「ヴィルヘルム・トムセン通り」(Wilhelm Thomsen Caddesi)があり、その通りにはトルコ国立図書館がある。明かに、20世紀の曲がり角における現代トルコの民族的アイデンティティの形成期において、トムセンによるオルホン碑文の解読が重要な貢献をしていると考えられているためである。

主要な著作編集

ゲルマン語がフィンランド語・ラップ語に与えた影響について。
古代ルーシ諸国の成立とノルマン人の関係について。
オルホン碑文に関する主著。
リュキア語研究。
エトルリア語コーカサス諸語の関係について。
邦訳 『言語学史:その主要点を辿りて』泉井久之助、高谷信一訳、弘文堂、1937年。

脚注編集

  1. ^ a b c Konow, Sten (October 1927). “Vilhelm Thomson”. Journal of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland (4): 929-934. 

関連文献編集

  • Brøndal, Viggo (1927). “L'œuvre de Vilhelm Thomsen”. Acta philologica scandinavica (København) (2): 289-318. 
  • Wickman, Bo (1988). “The history of Uralic linguistics”. In Sinor, Denis. The Uralic Languages: Description, History and Foreign Influences. Leiden: Brill.