ヴィルヘルム・フリードリヒ (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)

ヴィルヘルム・フリードリヒ・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハWilhelm Friedrich von Brandenburg-Ansbach1686年1月8日 - 1723年1月7日)は、フランケン地方アンスバッハ侯領辺境伯。ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒの4番目の息子で、母はヨハン・フリードリヒの2人目の妻であるエレオノーレ・エルトムーテ・ルイーゼ・フォン・ザクセン=アイゼナハ。クリスティアン・アルブレヒトゲオルク・フリードリヒ2世は異母兄、イギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世の妃カロリーネは同母姉に当たる。

ヴィルヘルム・フリードリヒ
Wilhelm Friedrich
ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯
WilliamFrederickBrandenburgAnsbach.jpg
在位 1703年 - 1723年

出生 (1686-01-08) 1686年1月8日
アンスバッハ
死去 (1723-01-07) 1723年1月7日(36歳没)
ウンターライヒェンバッハ(現シュヴァーバッハの市区)
配偶者 クリスティアーネ・シャルロッテ・フォン・ヴュルテンベルク=ヴィンネンタール
子女 カール・ヴィルヘルム・フリードリヒ
エレオノーレ
フリードリヒ・カール
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒ
母親 エレオノーレ・エルトムーテ・ルイーゼ・フォン・ザクセン=アイゼナハ
テンプレートを表示

1703年に後継者を遺さないままスペイン継承戦争で亡くなった異母兄ゲオルク・フリードリヒ2世の遺領を継いだ。ヴィルヘルム・フリードリヒは、この時未成年であったため、初めは摂政の後見下で統治を行っている。摂政が後見に当たるのは、彼で4代続いており、母が後見を務めた君主も含むと6代続けて幼君(未成年君主)が立ったことになる。

子供編集

1709年にヴュルテンベルク=ヴィンネンタール公フリードリヒ・カールの娘で従妹にあたるクリスティアーネ・シャルロッテ(1694年 - 1729年)と結婚し、間に2男1女をもうけた。

参考文献編集

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5

(これらの文献は、ドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成時に直接参照してはおりません。)

外部リンク編集

先代:
ゲオルク・フリードリヒ2世
ブランデンブルク=
アンスバッハ辺境伯
1703年 - 1723年
次代:
カール・ヴィルヘルム・フリードリヒ