ヴェイン (バンド)

ヴェイン: Vein)は2013年に結成されたアメリカ合衆国ボストン出身のハードコア・パンクバンド

ヴェイン
Vein
Vein au Transitions Tampa.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
ジャンル ハードコア・パンク
ニュー・メタル
メタルコア
マスコア
スクリーモ
インダストリアル・メタル
グルーヴ・メタル
活動期間 2013年 - 現在
レーベル Closed Casket Activities
Threat Collective
公式サイト veintv.net
メンバー
  • Anthony DiDio
  • Jeremy Martin
  • Jon Lhaubouet
  • Josh Butts
  • Matt Wood
  • Benno Levine
旧メンバー Sean Watson

コード・オレンジ(Code Orange)やツイッチング・タンズ(Twitching Tongues)らと共にヨーロッパでツアーを行っていたことで知られる。

2017年にクローズド・キャスケット・アクティビティーズ(Closed Casket Activities)というレーベルと契約し、2018年に初のフル・アルバム「エラーゾーン(Errorzone)」をリリース、雑誌リボルバー誌面上で2018年度最優秀アルバム一覧に名を連ねるなど肯定的な評価を得た。ビルボードチャートではハード・ロック部門で最高21位を達成している。

音楽性編集

ハードコア・パンクニュー・メタルコアマスコアなどにカテゴライズされている。スクリーモマスコアドラムンベースニュー・メタル、その他ホラー映画ホラーゲームのサウンドトラックなどから着想を得ている。「Errorzone」では特にニュー・メタルからの強い影響を指摘されている。ワシントン・ポストは彼らを、ポートレイヤル・オブ・ギルト(Portrayal of Guilt)やインファント・アイランド(Infant Island)らとともに、新生スクリーモという様に形容した。

スリップノットコーンサイレントヒル2のサウンドトラック、コンヴァージデフトーンズボッチ(Botch)、ジェロームズ・ドリーム(Jeromes Dream)、ニール・ペリー(Neil Perry)、ドーターズ(Daughters)らからの影響を公言している。

メンバー編集

現在のメンバー

  • アンソニー・ディディオ(Anthony DiDio) – リードボーカル (2013–現在), ベース (2013–2017)
  • マット・ウッド(Matt Wood) – ドラム (2013–現在)
  • ジェレミー・マーティン(Jeremy Martin) – ギター, ボーカル (2013–現在)
  • ジョッシュ・バッツ(Josh Butts) – ギター (2013–現在)
  • ジョン・ローブエット(Jon Lhaubouet) – ベース, コーラス (2017–現在)
  • ベノ・レヴィーン(Benno Levine) – サンプリング, ターンテーブル (2019–現在)

過去のメンバー

  • ショーン・ワットソン(Sean Watson) – ベース (2017)

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム

コンピレーション

  • オールド・データ・イン・ア・ニュー・マシーン Vol.1 Old Data in a New Machine Vol. 1 (2020, Closed Casket Activities)

EP

  • Vein (2013, セルフリリース)
  • Terrors Realm (2014, セルフリリース) (カセット盤 Threat Collective)
  • Demo 2016 (2016, セルフリリース)
  • A Release of Excess Flesh split 7" with .Gif from God (2016, Zegema Beach/Structures//Agony/Longrail/Dingleberry/Contrition)
  • Self-Destruct 7" (2017, Closed Casket Activities)
  • Vein on Audiotree Live (2018, Audiotree)[1]

ミュージック・ビデオ

  • "Virus://Vibrance" (2018)
  • "Demise Automation" (2018)
  • "20 seconds : 20 hours" (2020)

脚注編集

  1. ^ See Vein's Ripping Live Studio Performance...”. revolvermag.com. Revolver Magazine. 2018年12月11日閲覧。

外部リンク編集