メインメニューを開く

ヴォルフガング・ケターレ(Wolfgang Ketterle、1957年10月21日 - )は、ドイツ生まれでアメリカ合衆国で活躍した物理学者である。2001年「希薄なアルカリ原子ガスでのボース=アインシュタイン凝縮の実現、および凝縮体の性質に関する基礎的研究」により、エリック・コーネルカール・ワイマンと共にノーベル物理学賞を受賞した。1995年、ワイマンらとは独立にナトリウム原子のボース=アインシュタイン凝縮を実現した。

Wolfgang Ketterle
ヴォルフガング・ケターレ
Ketterle.jpg
ヴォルフガング・ケターレ(2007)
生誕 (1957-10-21) 1957年10月21日(61歳)
ドイツの旗 ドイツ ハイデルベルク
国籍 ドイツの旗 ドイツ
研究機関 ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク
マサチューセッツ工科大学
出身校 ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク
ミュンヘン工科大学
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
主な業績 ボース=アインシュタイン凝縮 
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(2001) 
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2001年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:希薄なアルカリ原子ガスでのボース=アインシュタイン凝縮の実現、および凝縮体の性質に関する基礎的研究

ハイデルベルクに生まれ、ハイデルベルク大学ミュンヘン工科大学で学び、マックスプランク量子光学研究所でヘルベルト・ヴァルターらのもとで研究し、1990年マサチューセッツ工科大学(MIT)のディビッド・プリチャードのグループに加わった。1993年MITの助教授、1998年には教授となった。

1995年の気体原子のボース=アインシュタイン凝縮の成功の後、ケターレのグループは1997年に2つのボース=アインシュタイン凝縮した試料間の干渉を観測し[1]、原子レーザーを初めて実現した[2]。2003年には分子のボース=アインシュタイン凝縮を達成し[3]2005年にはフェルミ凝縮における超流動の実験的証拠を示した[4]

受賞歴編集

参考文献編集

外部リンク編集