一条 信長(いちじょう のぶなが)は、鎌倉時代中期の武将甲斐源氏武田氏の一族。武田信義の孫で、武田信光の次男。通称は武田六郎。または一条六郎。武田信長とも呼ばれる。同母兄は武田信政、生母は新田義重の娘という。子に一条頼長一条信経[1]

 
一条信長
時代 鎌倉時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 武田信長、通称:武田六郎、一条六郎
氏族 武田氏甲斐一条氏
父母 父:武田信光
兄弟 武田朝信武田信忠武田信政信長一宮信隆早川信平馬淵信基
円井垣光常
頼長信経
テンプレートを表示

経歴編集

吾妻鏡』に拠れば、幼少時から弓馬の術に優れ、貞応2年(1223年正月の弓始の儀において射手を務めたという。

伯父の一条忠頼の名跡を継いで一条氏を再興し、子孫は巨摩郡武川に拠り武川衆となる。巨摩郡加賀美の法善寺南アルプス市)には、信長が願主となり武田八幡宮韮崎市)に奉納したと伝わる大般若経が所蔵されている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 太田 1934, p. 1414.

参考文献編集

  •  太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「加賀美 カガミ」 『姓氏家系大辞典』 第1巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1414-1415頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130845/781 国立国会図書館デジタルコレクション 
先代:
一条忠頼
甲斐一条氏 2代当主
1184年 - ?
次代:
一条信経