メインメニューを開く

三上 参次(みかみ さんじ、慶応元年9月10日1865年10月29日) - 1939年6月7日[1])は、日本史学者。

三上 参次
人物情報
生誕 (1865-10-29) 1865年10月29日
日本の旗 日本 播磨国神東郡御立村
(現・兵庫県姫路市
死没 1939年6月7日(1939-06-07)(73歳)
学問
研究分野 歴史学(日本史学)
研究機関 東京帝国大学
テンプレートを表示

経歴編集

播磨国姫路藩士の子として生まれる。旧姓は幸田。1889年帝国大学和文学科卒業[2]。同大史料編纂掛に入り、史料編纂官を経て、1899年東京帝国大学教授、史学科から国史学科が分離するのに尽力した。1908年8月4日、帝国学士院会員となる[3]。大正期に『明治天皇紀』などを編纂し、1932年貴族院議員(帝国学士院会員議員)。また史学会創設に関与し、1936年に理事長。

1939年、肝臓膿瘍のため死去[4]

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

著書編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第3730号、昭和14年6月14日、p.396
  2. ^ 『官報』第1809号、明治22年7月11日、p.124
  3. ^ 『官報』第7533号、明治41年8月5日。
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)26頁
  5. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。
  6. ^ 『官報』第7980号「叙任及辞令」1910年2月1日。
  7. ^ 『官報』第7954号「叙任及辞令」1909年12月27日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。