メインメニューを開く

一柳 直次(ひとつやなぎ なおつぐ)は、江戸時代前期の大名。播磨小野藩の第2代藩主。

 
一柳 直次
時代 江戸時代前期
生誕 元和9年(1623年
死没 万治元年12月27日1659年1月19日
別名 宇右衛門[1]通称
戒名 円智院礼翁宗正[1]
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺。
官位 従五位下、土佐守。
播磨小野藩
氏族 小出氏一柳氏
父母 父:小出吉親
養父:一柳直家
正室:一柳直家の娘
末礼(長男)、直昌(次男)、小出吉忠(三男)、娘(板倉重種正室)。
テンプレートを表示

生涯編集

元和9年(1623年)、丹波園部藩主・小出吉親の次男として生まれる[1]寛永10年(1633年)、徳川家光に初謁[1]

寛永19年(1642年)、先代藩主・直家の臨終に際して養子となる[1]。直家は自らの娘を直次に娶せ遺領を継がせようとした[1]。しかしこれが末期養子の禁に抵触するという理由でとがめられ、寛永20年(1643年)3月15日に伊予国の1万8600石が収公された[1]。直家の娘と直次との結婚は許され、播磨国加東郡の1万石については相続が認められた[1]。この結果、小野藩の所領は2万8600石から1万石に減少した。同年4月1日、直次は徳川家光に拝謁し、家光と家綱に刀を献上している[1]

万治元年(1658年)12月27日、江戸上野の寒松院で死去し、跡を長男の末礼が継いだ。享年36。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『寛政重修諸家譜』巻第六百四

参考文献編集

外部リンク編集