メインメニューを開く

小野陣屋(おのじんや)は兵庫県小野市西本町(播磨国加東郡)にあった小野藩の藩庁である。

概要編集

小野陣屋は承応2年(1653年)、二代藩主一柳直次によって築かれ、それまでの陣屋から移転した。

小野藩は一柳直盛の次男直家から始まった。直家は播磨国小野と伊予国内に2万8600石を領し、伊予川之江に川之江陣屋を構え、播磨小野を分領として代官所を構えた。しかし寛永19年(1642年)、直家から婿養子直次への相続が末期養子としてとがめられ、小野藩は1万石の藩となった。以後10代にわたって一柳氏はこの地を領して第11代末徳の代に明治維新を迎えた。

陣屋は台地の先端部に築かれている。周囲は断崖になっている。また東側にはかつて3つの池があり、堀の代わりをしていた。

遺構編集

陣屋址は小野市立小野小学校の敷地となり、現在は旧講堂が小野市立好古館となっている。石碑の他、陣屋南西竹門付近に僅かに土塀が現存している。

なお、愛媛県四国中央市川之江時代の川之江藩の二層の陣屋門が八幡神社境内に移築現存している。

アクセス編集

神戸電鉄粟生線小野駅 下車徒歩約10分