メインメニューを開く

一柳頼寿

一柳 頼寿(ひとつやなぎ よりかず)は、江戸時代中期の大名伊予小松藩の第5代藩主。

 
一柳 頼寿
時代 江戸時代中期
生誕 享保18年5月26日1733年7月7日
死没 天明4年12月13日1785年1月23日
改名 頼長→頼澄→頼寿[1]
別名 民弥、主膳[1]
戒名 恒一軒殿天遊英心大居士
墓所 愛媛県西条市の仏心寺山
官位 従五位下、山城守、美濃守、上総介、但馬[1]
幕府 江戸幕府駿府加番
伊予小松藩
氏族 一柳氏
父母 父:一柳頼邦、母:玉林院
正室:なし
側室:堅性院など多数
一柳頼忠(長男)、一柳頼欽(次男)、一柳寿厚(四男)、土屋昌寿(五男)、村越成芳(六男)[2]一柳寿重(七男)[3]、娘(一柳直里室)[4]、娘(神尾元喬室)、娘(間直瀬恒幸室のち赤井為直室)

目次

生涯編集

享保18年(1733年)、第4代藩主・一柳頼邦の三男として生まれる。母は玉林院。

三男だったが、長兄と次兄の早世により世子となる。延享元年(1744年)の父の死去により12歳で跡を継いだ[1]寛延元年(1748年)閏10月、将軍徳川家重に初謁[1]、同年12月山城守に叙任[1]。寛延2年(1749年)に初めて領国に入った[1]宝暦5年、美濃守に遷る[1]明和3年(1766年)5月、駿府加番を務める。

藩政においては竹鼻正脩を登用し、世子である頼欽の侍講に任じている[5]

安永8年(1779年)8月7日、次男・頼欽に家督を譲って隠居[1]。官位は安永8年12月に上総介、天明2年(1782年)に但馬守にあらたまっている[1]

天明4年(1784年)12月13日(16日とも[1])に江戸で死去した。享年52[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『寛政重修諸家譜』巻第六百四
  2. ^ 茂助。初名・寿陳。村越房成養子。(『寛政重修諸家譜』巻第六百四)
  3. ^ 留之助。成芳の同母弟。(『寛政重修諸家譜』巻第六百四)
  4. ^ 一柳直里は同族(直盛の五男・直澄にはじまる家)の旗本。頼寿の娘は一子丑之助を産むが離婚。丑之助が継母に虐待されるなど家内不行き届きの状況が問題視され、寛政2年に直里は改易処分の上遠島に処せられた(『寛政重修諸家譜』巻第六百四)
  5. ^ 一柳頼寿”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2014年4月13日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集